エンターテインメント

[TGS 2020]「PSO2 NEW GENESIS Introduction」レポート。 現役アークス新しい千年紀の開始を眺める

オンラインRPG「ファンタシースターオンライン2」PC / PS4 / Xbox One / 任天堂スイッチ。 以下、PSO2)で2021年に予定の新作扱われる大型アップデート「ファンタシースターオンライン2ニュージェネシス」PC / PS4 / Xbox One / XboxシリーズX / 任天堂スイッチ。 次のニュージェネシス)。 本作の初放送「PSO2 NEW GENESIS紹介」しかし、東京ゲームショウ2020のオンラインセガアトラス公式配信番組「セガアトラスTV」で2020年9月25日に配信された。


PSO2で1000年以来、世界イムウルワキャラクターに紐付く引き継ぎ要素が発表された程度で、まだ謎の多い本作だが、配信新しい要素がいくつか発見したので、見ていこう。 また、筆者が現役アークスであるため、場合によっては脱線している点もあるが、ご了承を。

2021年のサービスである予定ニュージェネシス。 実際には、PSO2にログインした後、ニュージェネシスの世界に行くことになる

最初に登場したのは、ナス中西二人とニュージェネシスナビゲーターヒロ新井さん。 ヒロさんは、開発とプレイヤーの間を接続する活動をしていくことなので、今後の配信になじみいくのである。

ナス中西二人とヒロ新井氏(右)
画像集#002サムネイル/[TGS 2020]

まず、復習に登場したスライドを見ておこう。 内容的には、既に公開された情報と苦痛のためにここにPSO2、ニュージェネシスの存在を知った人のためのものとなる。

ニュージェネシスはPSO2の1コンテンツと同じ扱いだが、ゲームシステムは、他の
画像集#003サムネイル/[TGS 2020]

画像集#004サムネイル/[TGS 2020]

PSO2とニュージェネシス1クライアントに提供される。 したがってPSO2のグラフィックエンジンもニュージェネシスと同じものに変更される。 クライアントサイズが巨大になりそうな点が唯一の心配要素である
画像集#005サムネイル/[TGS 2020]

ストーリーへの言及は、PSO2から1000年後が舞台だけでバックボーンの情報は、特になかった。 ファンタシースター1-4で「1000年」は重要なキーワードの一つであり、大規模な光によって作られた深い闇の封印が弱くサイクルを示す。 その結果、深い闇の実体としてダークパスが出現する。 PSO2では、プレイヤーが大きな光であり、シヴァと生闇の関係ですると、新しい千年紀の始まりに見て良いようだ。

そういえばエピローグでカスとはふりをするように言った
画像集#006サムネイル/[TGS 2020]

フィールドに関する情報として、国内では、オープンフィールド全域でMMOと表記していたことが混乱の原因となっていたが、実際にはMOとMMORPGのHYBRIDタイプこのことだろう。
まず、プレイヤーは村に降りて立っている。 村は、数百人のプレイヤーが集まる場所でロビーの拡張版といったところだろう。 村とフィールドは完全に接続されており、カウンターでクエストを選択するなどの作業が必要ない。

フィールド自体は広大だが、セクションに分割されており、完全に変わる。 後述するが節には、「ナビゲーションセクション “と”バトルゾーン “の2種類が戦闘部分の場合、最大8人のMOライクな状況に変化するとする。
検索セクションの最大人数は、特殊な言及したが、実際の映像では1/32にあった(文字が非常に小さいため、不正確するが)。 多分上限人数が他の戦闘部分の存在があるかもしれない。


セクション内でのマッチングは自動的に行われたというが細かな設定も明らかだろう。 ちなみに村の映像が流れた時にアイテムショップやエステなどの文字を確認することができた。 アイテム強化に見える文字もあったが「掘り」の概念は、弱いのだろうか。 そしてドゥドゥの子孫でもあるのだろうか。

時間と天気がリアルタイムで変化するフィールドは、更新範囲が広くそうだ。 「見えるところすべてに行くことができるようになる」という表現から見ると、舞台は1つの惑星だけかもしれ気候と植生の変化もあり、文化の違いもあるだろう。 車両の存在の有無が気になる部分である。

フィールドには、レスタサインという回復アイテムが点在しており、これを回収およびリカバリを実行することができる回数が増える。 したがって、複数の回復アイテムは廃止された。 オープンワールドおなじみの仕様であるが、モノメイトではないか、レスはどうなるのかと思ってしまう、その点は不明のままです。 また、レスタサインとは異なる色のサインも確認することができましたが、こちらも詳細は不明である。

フィールドのナビゲーションセクションで、会議の要素があり、テイムズという野生動物を狩って素材を得ることができる。 食べ物アイテムと交換商品等の入手に使用すると思われるが、このあたりはMMORPGの色を強化していくようなものである。

続いて配信順序は変わるが、戦闘部分について先に触れておこう。 戦闘部分では、エネミーの位置がミニマップと画面に表示される。 試用版というイベントもあり、これはPSO2の割り込みイベントに対応する。 試験ごとに達成条件があり、それを満たしていると、ボーナスを得ることができる式である。

ところが、エネミーというか敵対種族に人形のほか、アルズというののような形の種の存在も明らかになったので、勝手に1000年以来、何ドスキアかなと思っている。 PSO2も何ドスキア重要なイベントが起こる惑星であり、生の闇が落とすアイテムも何ドスキア山が多い。


ニュージェネシスの行動やクラスも見てみよう。 一般的なアクションでフォトンダッシュフォトングライドが用意されており、フォトンダッシュいわゆるダッシュ。 フォトングライドはジャンプや高い所から滑空移動される。

攻撃面ではジャストアタックが廃止された点が大きい。 回避行動は、すべてのクラスからのステップに共通する段階アタックは継承されている。 段階で回避成功後攻撃する段階カウンターが発動ハンターの場合通常攻撃5段が発動する情報もあった。 また、特に言及はなかったが、高所から落下し、攻撃(攻撃範囲電波)をする場面もあり、基本的な操作面での変化の要素はまだあるようだ。

クラスは、適切に公開されていくと思われるが、現在はハンターとレンジャーフォースが見つかりました。 配信友達操作体系はPSO2と大きな変化はない。 多くのアークス最近実装された後続のクラス “ラスタ”操作体系が既存のクラスとは大きく異なり、ニュージェネシスの土台であることは感じていたと思うが、そうでもないようだ。 ただしレベルに応じて、アクションが増加する可能性もあり、ここで速報在庫切れとなるものである。

ハンターはPSO2ハンターとあまり変化がない印象を受けたが、通常攻撃が5段まであり、5段光子芸術と同等のダメージを倒すことができそうだ。 配信ソードのみを使用していたが、有線レンスグァパルチザンはあるだろうか。 また、ジャストガードの有無も不明である。

レンジャーは適正距離が採用されており、射程距離外ではダメージ減少する。 したがって乱闘自体が変化するが、オープンワールドのゲームでは、よくある概念であるため、トレンディといえばトレンディーになるだろう。 また、肩の上の観点もアリということである。 ところが、キャストは普通に走っていたが、ホバー移動はないだろうか。

フォースは通常攻撃でロッド先端から光弾が飛んでPSO2でロードシュート的なものとなる。 技術の非充電と充電の概念があるのは、継承され、ポイとインバータを確認できた。 ただ、非充電はポイ充電はとポイ式だったため、技術のシステムは変更されるようだ。 また、武器アクションでガードが可能になっている。 今までありがとうございましたミラージュのステップ。

エネミーは人形とアルタジュイ登場したが、すべての弱点を持っている。 人形の場合は、黄色の核心である。 エネミーごとに弱点属性で攻撃すると、コアが露出するように、エネミーを迅速に倒す要素がある。 また、特定の攻撃手段としての条件を満たしていればらしい姿も確認できた。

今回は「はじめに」ということで、具体的に突進した内容というよりは、概要の説明に近いものでしたが、仕様は見えてきた部分もあって、配信の実機映像で推測することができている部分も多い。
アークスの多くが心配しているサービスの延べ時間機2021年の状態でロッカー武器/防具への影響は不明。 また、推奨スペック情報もなかったほか、PlayStation 5とXbox Series Xに対応していることはまだ分からない。
PCユーザーに準備にある程度の時間が必要なため、推奨環境情報を必要な場所なのに……キャラづくりができるベンチマークを待っています!

READ  レンジャーズRHP Ariharaが日本でメジャーへの移行を開始します。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close