エンターテインメント

THE YELLOW MONKEY、東京ドームで30周年の再起動」今日から新しい時代が始まった」(ライブレポート/写真6枚)


2436

黄色い猿昨日11月3日、東京ドームで結成30周年記念ライブ “THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary LIVE -DOME SPECIAL-」を開催した。

「THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary LIVE -DOME SPECIAL-」の様子。(撮影:横山真人)

大きいサイズで見る(6件)

THE YELLOW MONKEYは昨年末より30周年記念東大阪ドームツアーを開始した。 ツアーファイナルは4月4日と5日、東京ドームで開かれる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け中断した。 今回のライブは、この停止から7ヶ月を経て開催されたもので、チケットは、感染拡大防止のための政府のガイドラインに準じた東京ドームの最大収容人数の50%以下が1万9000枚のみの販売完売した。 また、各配信プラットフォームで生配信やWOWOWで生中継を介して会場に足を運べなかった全国のファンもライブの模様を楽しんだ。

吉井和哉(Vo)(撮影:横山真人)

吉井和哉(Vo)(撮影:横山真人)[확대]

開幕前から舞台で行われていたカウントダウンが60秒を切ると、感染拡大防止のための声を出すことができない腸内の聴衆から大きな拍手が沸き起こる。 開演時間を迎え舞台バックリンクライブのためのリハーサルに臨むメンバーの様子や、名古屋と大阪でドームライブ映像が映し出された。 吉井和哉(Vo)、菊池英明(G)、広瀬洋一(B)菊池エイジ(Dr)、そしてサポートメンバーの鶴谷隆(Key)が舞台に上がって初めて演奏したのは、「螺鈿革命時代〜Pearl Light Of Revolution 〜「まろやかなサウンドがドームを鳴らすと、1万9000人の大規模な拍手が鳴った。

そのメンバーは、「思い出の姫」を妖しく披露「SPARK」一気に場内を加熱させる。 最初MCで吉井は1席ずつ座席が用意された腸内を眺め、「見た感じだとまともにある!」と笑顔を浮かべて「細かいことは言わなくてもや。今日、私たちも存分に楽しんで最高の夜にしたいと思います。飛び出してください!」と言って、万雷の拍手を受けた。 「Tactics」は、「声は必要ないから、体にください」という吉の言葉に応じて、観客はワイルドなグルーブに身を任せて楽しそうに体を横に振った。

菊池英明(G)(撮影:横山真人)

菊池英明(G)(撮影:横山真人)[확대]

菊池英明の感性的なギター・ソロで始まった「電球」は、壮大なアンサンブルで1万9000人を圧倒した。 以後メンバーたちは花の道を歩いてセンターステージに出た。 吉井は今回のドームツアーは、センターステージを設け、30年を振り返っために、初期のライブハウスを彷彿とさせる4人だけで性能を披露していると述べた。

紫色レーザー光の中で骨太なサウンドと切なさのような声が絡み合う「花吹雪」を披露し、続いては、「Four Seasons」を音の高さ響く。吉井がアコースティックギターを鳴らしながら熱唱した「Foxy Blue Love」は、菊池英明と広瀬が中央ステージで会場の四方を囲まファンと笑顔を交わし、お互いいた。続けて「SLEEPLESS IMAGINATION」ではLEDビジョン過去のこの曲のライブ映像が流れて、バンドの30年にわたるキャリアを改めて印象時間となった。

菊池エイジのダイナミックなドラム、広瀬基準がドームの中を横に振った “BURN”の後、吉井は「最後の東京ドームはとてもさわやかにした気分でできなかったことをので、いつか心地最高の東京ドームを望むと思いました。4月のチケットはほぼ完売していた、このようなことになって……なかなか感じているのさせてくれないと思います」と、4月に中断された公演の考えを飛ばし。 また、コロナ災害を経て、同日のライブについて「おそらくドームクラスのライブは、世界初のかなと思います。ここにいる皆さんと画面を介しご覧になっている皆さん、見て、体験していただきありがとうございます。ぜひ欲しいと、私たちの姿を記憶すると思います」との考えを明らかにした。

広瀬洋一(B)(撮影:横山真人)

広瀬洋一(B)(撮影:横山真人)[확대]

「THE YELLOW MONKEYのロックンロールを聴いてください」と吉井が紹介「JAM」に。 競技場の外で赤い光がドーム天井を照らす中、4人万感の思いを表現するかのように、それぞれの音を丁寧に響く。 通常のライブであれば、観客が合唱を広げるダブルサビは観客に配られた自動制御ブレスレット型ライトフリーフライ一斉赤く点灯、1万9000人の考えを会員伝えた。

鶴谷によるピアノ・ソロで始まった「メロメ “は、ソフトレーザー光とLEDビジョンに映し出された星空が壮大な曲の世界を彩る。幻想的な空間に観客を招待した後は、「てんとう虫」のパワフルな演奏を再場内を熱狂的に導いた。」パンペプチドとカー」では、観客が一斉に空に向かってパンチ」Love Communication “は吉井が舞台左右の花道を走って聴衆に向かって「愛しましょう!」と叫んだ。

吉井は次の曲に入る前に、「このバンドは、あなたに頼ってファンと一緒に歩んできたバンドです」と改めてファンに感謝を言い、 “今回の東京ドームは本来の希望する形ではないかもませんが、THE YELLOW MONKEYの装飾で自分の歴史に刻まれています。また、今日から新しい時代が始まったと思います。一緒にまたがんばりましょう」と呼びかけている。 そして「40周年と50周年また、ここせてもらいたいです。その時は、TVやインターネットでご覧の皆さんもぜひここに集まってください」と言って、「バラ色の日々」を歌い始めた。 会場内には、ファンの声を募集する「Sing Loud!」企画に提出された音源が鳴って腸内のファンが声を代わりにタオルを持って熱い視線を舞台に送った。

菊池エイジ(Dr)(撮影:横山真人)

菊池エイジ(Dr)(撮影:横山真人)[확대]

「SUCK OF LIFE」では、菊池英明と広瀬が再びセンターステージに出てきてフリーフラワーの光に照らさながら華やかな音色を響かせ。幕間に吉井が菊池英明のギターのコードをマイクで動かして唇を重ねシーンでは、自分の顔の下半分をプリントしたマスクを着用して接近した。本編最後の曲は、今年2月に配信リリースされた最新の曲「未来は見えません。」吉井はこの曲について「この奇妙なタイトル、こんな世の中になるとは考えていつけたタイトルの歌を聞かせて差し上げたいと思います」と丁寧な声を響かせた。

アンコールは「楽園」で始まるアニバーサリーイヤーの再開を知らせるような「ALRIGHT」につながる。 歌中のメンバー紹介では、それぞれに向かって「30周年おめでとうございます!」と祝福の言葉を送ってお互い吉井はファンに向けても「30周年記念!そしてありがとうございます!これからもよろしくお願いします!」と叫んだ。 淡いピンク色の光と色紙がドームの中を彩った「悲しいASIAN BOY」の後、最後の番号に “生”が力強く性能になった。 すべての演奏を終えた後、メンバーは、笑顔で記念写真に入り、物足りなさそうに花道を行き来する。 吉井は最終的に「本当にありがとうございます、またぞ!」と東京ドームでの再会を改めて誓った。

「30th Anniversary LIVE」は11月7日に神奈川・横浜アリーナ、12月7日、東京国立代々木競技場第一体育館12月28日に東京・日本武道館で行われる。横浜アリーナ公演の模様は、Huluとニコニコ生放送で放送される。また、2021年2月3日には、今回の東名阪ドームツアーで演奏された音楽でファン投票で選ばれた曲を収録したライブアルバム「Live Loud “のリリースが決定した。 投票受付は11月7日12:00から開始して、バンド結成日の12月28日日本武道館公演後収録内容が発表される。

この記事の画像(合計6個)

「THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary LIVE -DOME SPECIAL-」2020年11月3日、東京ドームセットリスト

01.螺鈿革命時代〜Pearl Light Of Revolution〜
02.思い出のプリンセス
03.スパーク
04.バルーンバルーン
05戦術
06.電球
07花吹雪
08四季
09フォクシーブルーラブ
10.睡眠を想像
11.熱帯夜
12.書き込み
13.ジャム
14.メロメ
15.天上の虫
16.パンペプチドとカー
17.愛の疎通
18.バラ色の日々
19.命を吸う
20.パール
21.未来は見えず
22.楽園
23.好き
24.悲しいASIAN BOY
25.生。

一覧

THE YELLOW MONKEYの他の記事

READ  綾野剛、北川景子のビームビンタに「膝落ちた」 - 芸能:日刊スポーツ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close