エンターテインメント

THE YELLOW MONKEY横浜アリーナに新たな歴史を刻んだ一晩| BARKS

THE YELLOW MONKEYの結成30周年を記念したライブイベント <30th Anniversary LIVE -YOKOHAMA SPECIAL->が11月7日、神奈川・横浜アリーナで開催された。 この公演の公式報告書を提供する。

◆黄色猿画像

◆◆◆

THE YELLOW MONKEY 30周年ライブの2回目となる <30th Anniversary LIVE -YOKOHAMA SPECIAL->を横浜アリーナで開催した。

過去東京ドームに続き会場では、新型コロナウイルスの感染対策はしっかりと持っていた。 入場時には、お客様の間隔を置いて規制出入り接触確認用「COCOA」チェック体温計、消毒を徹底。 座席は1席ずつ空けて、政府の指針に準じた会場の半分の容量である6,000人のゲストが集まった。

THE YELLOW MONKEYにおける横浜アリーナは、1997年に開催した初のアリーナツアー の開幕地であり、全国113を回し伝説のロングツアー ファイナル4Days装飾など、バンドのライブ履歴を話すときに欠かせない場所である。 MCで吉井和哉(Vo、G)は「今日は」懐かしい横浜アリーナ」のような番号を用意してきました」と述べたこの日は、多くの思い出を積み重ねてきたバンドの聖地に新たな歴史を刻む一晩になった。

「ロッキーのテーマ」をSEに登場する菊池エイジ(Dr /以下アニメ)のパワフルなドラムをはじめと広瀬洋一(B /次ヒセ)のベース、菊池英明(G /次のエマ)と吉井その他が1つ重なっ「パンペプチドとカー」でのライブが幕を開けた。 燃える赤いライトが会場を染めた「BURN」、「天国に行きましょう!」という吉井の非常に高い宣言で開放的な雰囲気を作り出した「楽園」で序盤から熱い舞台を展開する。 「今日は私達のホームグラウンドの好きな横浜アリーナです。」と最初の挨拶。 新型コロナ感染拡大防止に配慮して歓声を出せないお客様に “声は必要ないから、体でください!」との応答を求めると、99年の横浜アリーナセットリストを踏襲するように「TVシンガー」と「Gorgeous」を続けて披露。アニメの計算に突入した「OK」では4人の姿をリアルタイムで合成したスクリーン映像でも魅了した。

演奏ため息、会場は長い拍手で包まれて、横浜アリーナという会場は、90年代後半にバンドがロンドンで録音をしていた思い出も密接な関係がある場所だとMCで語った吉井。 当時の「明るい切ない雰囲気を感じることができたらいいなと思っています」と伝えると「NAI」エバーグリーンサウンドが会場を優しく包んである。 エマとヒセ舞台で伸びた左右の花道に拡散吉井が宇宙空間を遊泳するようなパフォーマンスを見せた「HOTEL宇宙船」両手を大きく振って盛り上がった「SHOCK HEARTS」会長が一体になった中盤。 吉井が激しくギターを鳴らしたポイントが口火を切り、圧倒的な混乱を作り出した「天国旅行」この日のハイライトの一つであった。

エマが発光する他のに変えてダンサブルな「MY WINDING ROAD」に続き、会場の隅々まで踊らせた「甘い経験」に声を出すことができないハンディキャップを忘れるように体に参加できる楽曲を次々投入終盤キーボード鶴谷隆が演奏するピアノにのせて、吉井が言葉をかけた。「人が集まって生活のロックンロールをするということは、自分たちに絶やしてはいけないこと。 批判もあると思いますが、エンターテイメントの火を消さいけないことで、ヤラセています。 「また、昨年のバンドが30周年を迎えたことについて、「40周年、50周年もすべてのギンギラギンの服を高めたいと、その時は大声で叫んであえたらいいなと思います」と伝えた。そして、「誰もが送ってくれた声で歌ます “と言えば、事前アプリやカラオケで募集したファンの声を会場に流した「バラ色の日々」に。会場では、歌声と歓声が挙げられない状況でも、お客さんと一緒にライブを作り出す演出が大きな感動を生んだ最後を飾ったのは、「悲しいASIAN BOY」もで下手に猛ダッシュで駆け抜けた吉井が「Are you No.1 Rock’n roll asian !!! THE YELLOW MONKEY!」と電力の歓声を上げ、大きな拍手に包ま本編は幕た。

「見ていないかのように見ている」から始まったアンコールでは「横浜、負けるな!」と力強い応援を申告した「真珠」の後メンバー紹介で「来たドラム、よりイエローモンキーエンジン、菊池エイジアニメ! “、”来キーボード、職人、鶴谷崇!」、「リードギター、吉井和哉の永遠の恋人、菊池英明エマ!」「来たベースは、私の兄は、すべて私たちの型広瀬洋一、ヒセ!」と吉井がそれぞれの名前を呼んで、最後はヒ歳ヨシイウル紹介。「この人のおかげで、イエローモンキーは……日本のロックはまた、光を取り戻すことです! 吉井和哉、ロビン!」とすれば、さらに大きな拍手が湧いた。全21曲、2時間にわたるライブの最後は99年 のファイナル横浜アリーナでの最後の番号で披露した「SO YOUNG」会長が美しい光に包まれた中で、三大ドーム編とは異なる横浜アリーナだけ30周年ライブを完成させた。この日の様子は、「Huluストア」「ニコニコ生放送」で11月10日23時59分まで保管伝達が行われる。

THE YELLOW MONKEYの30周年ライブには、次の12月7日、国立代々木競技場第一体育館を経てバンド結成日の12月28日日本武道館でファイナルを迎える。

また、2021年2月3日に20年ぶりのライブアルバム発売も決定した。 2019年12月28日、名古屋ドーム2020年2月11日京セラドーム、11月3日、東京ドームの3公演から選択するファン投票の受付が開始している。

撮影◎横山真人

<30周年ライブ-DOME SPECIAL->
2020年11月3日(火・祝)東京ドーム

<30周年ライブ-YOKOHAMA SPECIAL->
2020年11月7日(土)神奈川・横浜アリーナ
▼ライブストリーミング
サイトオープン17:30 /開始18:00
アーカイブ配信:11月10日(火)23:59まで
ライブストリーミングのチケット:¥4,000(税込)
10月24日(土)10:00〜11月10日(火)18:59 Huluストアニコニコ生放送で販売

<30周年ライブ-YOYOGI SPECIAL->
2020年12月7日(月)東京国立代々木競技場第一体育館
▼ライブストリーミング
サイトオープン18:30 /開始19:00
アーカイブ配信:12月10日(木)23:59まで
ライブストリーミングのチケット:一般¥4,000(税込)プレミアム会員¥3,400(税込)
ニコニコ生放送で独占販売
購入URL:https://secure.live.nicovideo.jp/event/lv328667671

<30周年LIVE-BUDOKAN SPECIAL->
2020年12月28日(月)東京・日本武道館
チケット:指定席¥8,800(税込)/スタンディング¥8,800(税込)
11月2日(月)18:00〜15日(日)23:59公式ファンクラブ「BELIEVER “クイック先行受付

[4 공연 공통]
※入場制限/ 6歳以上チケット必要(6歳未満入場不可)
※枚数制限/ 2枚
※すべての電子チケット※座席番号表示は、公演2日前

ライブアルバム「Live Loud “

2021年2月3日(水)発売
通常のディスク(1CD):WPCL-13271¥2,800 +税
初回盤(2CD):WPCL-13269/70¥3,000 +税
予約受付:2020年11月3日(火・祝)〜
https://tym.lnk.to/LiveLoud
投票開始:2020年11月7日(土)正午〜
収録内容発表:2020年12月28日(月)日本武道館公演後

WOWOW「6カ⽉連続特集!THE YELLOW MONKEY 30thAnniversary WOWOWスペシャル “

「生中継!THE YELLOW MONKEY 30周年LIVE -BUDOKAN SPECIAL-」
2020年12月28日(月)夜6:25〜WOWOWプライム
プログラムサイト:https://www.wowow.co.jp/yellowmonkey/

「THE YELLOW MONKEY 30周年WOWOW Special -Prologue-」
2020年12月12日(土)午後3:30〜WOWOWライブ

「黄色猿の歴史2020」
2020年12月26日(土)夜9:00〜WOWOWライブ

「THE YELLOW MONKEY 30周年LIVE -DOME SPECIAL-」
2021年1月放送

「黄色いサルの文書」
2021年1月放送

「THE YELLOW MONKEY PUNCH DRUNKARD TOUR 1998-99 FINAL 3.10横浜アリーナ〜WOWOW Edition〜」
2021年2月放送

「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SAITAMA SUPER ARENA 2016.7.10-」
2021年3月に放送

「THE YELLOW MONKEYのミュージックビデオコレクション」
2021年4月放送

READ  「シュウウエムラ×ワンピースコレクション」第2弾ナミとロビンのクリスマス限定光沢ハイライター

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close