経済

ThermVac、日本の特殊真空で市場に進出

火星、大韓民国 – (ビジネスワイヤ) –ThermVac Inc.韓国の真空での専門メーカーである日本イビデンの韓国法人であるイビデングラファイトコリアの浦項工場に設置された炭素浄化真空では、現在正常に稼動中であると明らかにした。

2,000kgの積載容量(作業領域:4.5m3、1500W * 1500H * 2000D mm)この装置は、半導体、太陽電池、および光ファイバの産業で使用されている炭素を浄化する超大型溶解炉です。 2400ºCの最高温度で塩素ガスはハトジョン内部のレトルトマッフルに流入して、炭素製品に含まれている金属不純物は塩化物に転換された後、排出され、不純物の含有量を5ppm以下に低減します。

イビデンの関係者は、「他の日本炉とは異なり、ThermVac 1)の精製には、レトルトマッフルの内部と外部の圧力差を最適なレベルに維持し、すべての塩化物を外部に排出して収納することができていると述べた。 真空で内部が非常にきれいです。2)レトルトマッフル扉の開閉装置は非常に便利で、作業者一人の前に二人以上いた試料ローディング/アンローディング作業を行うことができます。3)構造ヒーターと電極を含むハトジョンの分解と組み立てが容易で、少なくとも2日かかるハトジョンの保守作業は、4〜5時間以内に可能です。4)工程のサイクルが異常窒素循環によるハトジョン強制冷却を介して10時間。 ”

韓国政府の技術開発事業の支援を受けて2年間の炭素浄化に国産化を介して元素の技術を確保した後、ThermVacは、独自の機器に炭素浄化工程を継続的に研究して工程技術を蓄積し、装置アプリケーション能力を構築しています。 このような努力に基づいて、狭い国内市場の限界を克服し、日本、中国などの大型素材や部品市場に果敢に挑戦できるようになりました。

最近ThermVacは、加熱室の冷却室を分離した構造の2実刑炭素浄化に開発完了し、耐久性を検証しています。 ThermVacは2室モデルの商用化を介して30時間以上かかる炭素浄化工程のサイクルを6〜9時間に短縮して爆発的な高純度炭素グローバル市場の拡大に貢献したいです。 二次電池、半導体、太陽電池の用途の需要が増加しています。

READ  Google進化した「Chromecast with Google TV」発表。7,600円 - AV Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close