トップニュース

ThinkMarkets、日本のFX市場進出許可

シカゴ2021年2月19日 / PRNewswire / – 国境のない取引の経験をユーザーに提供するプレミアムマルチ資産オンライン証券会社であるThinkMarketsは今日、日本の金融サービス機関(JFSA)のタイプ1金融商品事業者ライセンスを保有している日本の会社を買収したと発表しました。 、 日本の 主な規制機関、FX市場参入 日本の。 このライセンスにより、お客様はすぐに発売される同社独自のモバイル優先取引プラットフォームであるThinkTraderにアクセスすることができます。 日本の

現代トレーダーを念頭に置いて設計されたThinkMarkets次世代プラットフォームであるThinkTraderは、強力な取引ツールと独自の機能を提供し、シングルサインオンでデスクトップ、モバイル、およびタブレットを介して両方のアクセスすることができます。 主な機能には、分割およびクワッド画面表示、50以上のインテリジェントな描画ツールと80以上の指標を使用した高度なグラフ作成が含まれており、技術的な分析をサポートします。

東京 世界で最も大きな外国為替取引のハブのいずれかであるため、FXを追加して提供する仲介サービスの拡張 日本の グローバル展開を続ける私たちに興味深いマイルストーンです。 ” ナウマンアニス、ThinkMarketsのCEO。 「この発表はまた、私たちの 東京 オフィス。 “

TF Global Markets Japan LtdはThinkMarketの企業名です。 日本の 新たに任命された業界の専門家Koike Kazuhiroが率いるオフィスです。 日本の 最高経営責任者に。 Kazuhiroの経験では、Nasdaq Japan Exchange、Credit Suisse GroupとTraders Securitiesのような上場企業の過去のリーダーシップの役職が含まれます。

「既存の仲介サービスで、日本の外国為替市場を追加することは、現在の外国為替トレーダーらに訴える力を発揮するでしょう。 東京 Kazuhiroは、オフィス箇所を介して地域の顧客のニーズに、よりよく対応することができるものであり、会社の歴史の新しい章を期待しています。

ThinkMarketsの継続的な更新は、次をご覧ください。 www.thinkmarkets.com

ThinkMarkets情報:

ThinkMarketsは、2010年に設立されたプレミアムマルチ資産オンライン仲介業者として シカゴロンドンメルボルン とハブ アジア太平洋欧州南アフリカ共和国。 この会社は、ASICの金融ライセンスで運営されます。 オーストラリア、イギリスのFCAと南アフリカ共和国FSCA。 ThinkMarketsは外国為替、株式CFD、パスワード、貨幣、商品、指数、プレゼントなど様々な市場に迅速かつ簡単にアクセスできるようにします。 詳細については、以下をご覧ください。 https://www.thinkmarkets.com/en/

出典:ThinkMarkets

関連リンクに

http://www.thinkmarkets.com

READ  国内2860人、東京708人の感染重病患者最多659人 - 新型コロナ - 時事通信ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close