スポーツ

Thomas Cup決勝:Dマレーシア、日本、イギリス、カナダ| スポーツ

引き分けはまた、マレーシアが2014年トーマスカップ決勝で第二シード日本に3-2で敗れた痛みのため、複数の機会を提供しています。 – ロイター写真

クアラルンプール、8月18日 – マレーシアは10月9日から17日まで、デンマークオーフスで行われるトーマスカップ決勝で2018トーマスカップ準優勝の日本と同じ組に編成された。

今日の仮想的に開かれ引き分けは9シードを受けたマレーシア、日本、イングランド、カナダ、D組の一つです。

引き分けはまた、マレーシアが2014年トーマスカップ決勝で第二シード日本に3-2で敗れた痛みのため、複数の機会を提供しています。

13回のチャンピオンであり、トップシードであるインドネシアは、台湾、アルジェリア、タイとA組に属しています。

開催国デンマークは韓国、フランス、ドイツをB組に編成して、現在のチャンピオンである中国は、C組で、インド、オランダ、タヒチと接戦を繰り広げた後、有利な引き分けを記録した。

しかし、Uber Cup決勝のグループリーグで、マレーシアは14回優勝した中国、開催国、デンマーク、カナダと引き分けするのは難しいことが待っている。

ディフェンディングチャンピオンの日本は、インドネシア、ドイツ、フランスとA組に属している。

2018年オボカップ準優勝チームであるタイは、インド、スペイン、スコットランドとB組に属し韓国、台湾、タヒチ、エジプトにC組に属しています。

大会形式に応じて、Thomas CupとUber Cupの4つの組の上位2チームが8強に進出します。

マレーシアは1949年に、1952年には、1955年には、1967年には、1992年にトーマス・カップを5回も優勝しました。

しかし、女子代表は1957年にイギリスで創立されて以来、一度もUber Cupで優勝したことがありません。 – ベル生

READ  日本、スポーツ内差別・虐待の根絶を促す

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close