理科

TICADフォーラム、新日本、ケニア取引の足場

アイデアと議論

TICADフォーラム、新日本、ケニア取引の足場


日本代表が2016年8月にナイロビで開かれたアフリカ開発に関する東京国際会議でケニア貿易商が作った伝統マサイ衣服を着用しています。 ファイル写真| NMG

まとめ

  • 日本は東アフリカにおける安定のアンカーとしてケニアの肯定的な役割を高く評価しています。
  • ケニア海岸警備隊は日本が提供したパトロール船17隻を活用して海上秩序を維持している。
  • TICAD 8の準備の一環として、日本とケニアは5月3日にナイロビで日本とアフリカの民館経済フォーラムを共同主催する予定です。

4月1日、私はウフルケニアタ大統領に私の資格証明を提出しました。 大統領の暖かい歓迎の言葉は、両国の長年の友情を反映したものでした。

私がケニアに初めて会ったのは、1997-1998年にニューヨークの国連日本代表部で働きました。 当時、日本とケニアは安保理非常任理事国だった。

日本はケニアの隣にあり、その非常に忙しい時期に私はケニアの仲間たちと良い友達になりました。 そのうちの1人は現在、スポーツ、遺産、文化大臣のAmina Mohamedでした。 彼はその後ケニアの一部としてニューヨークに引っ越しました。 安保理チーム。 私は長年の後に私たちの友情を更新するのを楽しみにしています。

日本は東アフリカにおける安定のアンカーとしてケニアの肯定的な役割を高く評価しています。 先日、日本の自衛隊教官がケニア、ウガンダ、ガーナから来た軍人35人を対象に重装備訓練を行ったケニア防衛軍の国際平和支援訓練所を訪れた。

訓練は平和維持作戦を強化するための国連イニシアチブの一部でした。 日本は最大の貢献者の一人です。 私たちはまた、自由で開かれたインド太平洋(FOIP)を促進するために協力しています。

ケニア海岸警備隊は日本が提供したパトロール船17隻を活用して海上秩序を維持している。 来年、日本が国連安全保障理事会に非常任理事国に加わると予想するほど、そのような協力がさらに拡大されることを願っています。

日本は今年8月にTICAD 8を共同開催する。 [Tokyo International Conference on African Development] チュニジアで。 日本は1993年、アフリカ首脳と一緒にTICADを組織し始めたが、他の国々も同様の会議を開く前だった。

2016年にナイロビでアフリカで最初に開催された会議であるTICAD 6を思い出してください。 これは、両国間に存在する真の信頼の真の表示です。 2016年以降、ケニアに事業を運営する日本企業の数は100社以上に2倍増加しました。

驚くべきことに、私たちのビジネス関係は、貿易からケニア企業への現地生産と投資に至るまで、数字だけでなく範囲も拡大しました。

個人的には、日本の中小企業やスタートアップをケニア企業と結びつけることに興味があります。 ご存知のように、日本は人口減少に直面しています。 多くの中小企業がこの地域に基づいており、農業加工、機械、環境、健康などの分野を専門としています。

多くの人々は、地域市場の縮小や熟練した労働力の欠如などの問題に直面しています。 ケニアは彼らの活動で利益を得ることができ、日本企業は新しいパートナーを見つけ、ビジネスを拡大することで利益を得ることができます。

TICAD 8の準備の一環として、日本とケニアは5月3日にナイロビで日本とアフリカの民館経済フォーラムを共同主催する予定です。 日本とアフリカの大臣とビジネスリーダーが一堂に会するこの会議は、多くの新しいパートナーシップとプロジェクトにつながります。

ケニアはサハラ砂漠以南のアフリカで日本の最大の開発支援受益国です。 私たちの協力は、教育、健康、農業、エネルギー、林業、インフラなどです。

日本の経験を踏まえて、人材は国の発展に最も重要な資産であるため、教育と健康を最優先と考えています。

まず、日本は初等・中等教育で数学と科学に重点を置いて、祖母ケニアタ農業技術大学(JKUAT)を支援します。

第二に、日本はKEMRIを支援しました。 [Kenya Medical Research Institute] 普遍的なヘルスケアを達成するためのケニアの努力。 私たちの協力はケニアがCovid-19にもっと対処するのを助けました。 数十年にわたる日本の支援のおかげで、ケニアは今や他のアフリカ諸国の教育と健康をサポートしています。

日本は、気候変動に対するケニアの積極的な政策を高く評価し、オルカリアの地熱発展を長い間支援してきました。 現在、ケニア地熱発電のほぼ40%が日本の支援で開発され、さらに134MWが建設中です。

300人以上の訓練を受けたケニアは現在、地熱発電を開発、運営、維持する能力を保有しており、他国に支援を提供しています。

日本とケニアは、温室効果ガス排出量(GHG)を削減するために、共同クレジットメカニズム(JCM)の協定を締結しました。 2月にはキリッピー郡塩工場に1.6GWh太陽光発電システムを設置する事業で、アフリカ初の温室効果ガス排出権を発行して画期的な成果を収めた。

ケニア森林研究所(KEFRI)との協力は、10%の森林カバーという目標と乾燥および半乾燥地域に適した改善された品種の木の導入に貢献しています。

日本の灌漑インフラと能力強化の支援は、Mweaの生産性向上と米生産量の増加に貢献した。

日本はモンバサ経済特区の基盤施設開発のための巨大なプロジェクトを持っています。 インフラの完成は、北部回廊との接続性を劇的に改善し、貿易、投資、新しい産業を促進する可能性があります。

来年はケニアの独立60周年となる年で、私たちの修交60周年でもあります。 これまでの成果を祝い、今後の協力について考えてみる重要な機会です。

READ  30年前、国際宇宙ミッションは私たちが地球を見る方法を根本的に変えました。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close