経済

TICAD 8:経済部長官と日本・チュニジア商工会議所会長面談

サミール・サイエド経済計画部長官は、2022年にチュニジアで開かれる第8次アフリカ開発会議(TICAD 8)で発表されるプロジェクトファイルをよく準備しなければならないと強調した。

彼は、チュニジア – 日本商工会議所のHedi Ben Abbes会長との会議で、公共部門と民間部門との調整の必要性を強調しました。

プロジェクトを準備するには、技術的側面と法的フレームワーク、特に公共プライバシーパートナーシップ(PPP)に基づいて実装されるプロジェクトに特別な注意が必要です。

彼はチュニジアの発展にプラスの影響を与え、収益性の高い高収益プロジェクトを達成するために、大企業とのパートナーシップを通じて経済的利益を得るためにあらゆるレベルで慎重な準備が必要なこの国際イベントの重要性を強調しました。

大臣は、アフリカ市場に参入するためのチュニジアと日本の戦略的パートナーシップ構築の重要性について述べた。 この大陸は、特にチュニジアが優れた経験を持つ分野、すなわち健康分野、製薬産業、自動車産業、技術分野で有望な市場を表しています。

Ben Abbas氏は、特にセクターの多様化レベルでこのイベントをうまく準備するための条件を設定するために、準備会議は定期的にすべての関連当事者とより速いペースで開催されると述べた。

チュニジアは2016年に日本とアフリカ諸国で交互に開催することに決めたのに続き、2022年8月ケニアに続き2番目のアフリカ国家となります。

Ben Abbesは、日本が過去のTICADでアフリカへの投資のために10億ドルを策定したと述べ、約50人の国家と政府の同伴、および10,000人の日本とアフリカの参加者が会議に参加すると予想されると指摘しました。

彼の予測によると、2022年の会議では、金額は300億ドルに達する可能性があります。

READ  GALLERIA、RTX 3080 + AMD Ryzenプロセッサ搭載モデル2種を発売 - GAME Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close