技術

TikTokオペレータByteDance、日本の技術投資の準備

大ヒットの中国動画共有アプリティクトクを運営するバイトダンス(ByteDance Ltd.)は、日本進出のための努力の一環として、日本の技術企業に投資する計画だと明らかにした。

収集したデータを、中国政府に渡すことができないという懸念で米国で逆風を経験しているが、中国の技術企業は、近いうちに、企業のベンチャーキャピタルのチームを東京支社に派遣する計画だと明らかにした。

ユーザーが音楽に合わせて短い動画をアップロードすることができるTikTokは若者の間で人気があり、コロナウイルス流行中驚異的な成長を示しました。 全世界で約8億人のユーザーがいます。

ByteDanceは2017年に東京事務所を開き、昨年は日本で最も強力なビジネスロビーのKeidanrenに知られている日本のビジネス連合に参加しました。

また、技術企業の産業機構である日本電子情報技術産業協会の会員になって、日本企業との結束を強化することができる基盤を用意しました。

会社関係者は「私たちは、日本市場に積極的に貢献したい」と語った。 北京に本社を置く同社は、まだ日本の会社に投資していない。

2020年ドナルド・トランプ前米国大統領政権は、国家安全保障の問題を理由に、米国のApp StoreでTikTokを禁止しようとしたが、連邦地裁は、計画の差し止め命令を下しました。

日本の一部の与党議員は、セキュリティの問題のため、中国企業が開発したアプリの使用を制限することを促して、他の人と一緒にTikTokを示唆しました。

中国の他の技術企業の中でもITの巨大企業であるTencent Holdings Ltd.の100%株式を所有した会社は、昨年に東京証券取引所第1部に上場された日本のオンラインゲームのプロデューサーMarvelous Inc.の株式20%を買収しました。

READ  [빠즈도라]アンケートスーパーゴッドフェス開催決定! 人気モンスターだけ手に入れる大チャンス! | AppBank

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close