Tim Cookと日本PM Kishida、ユーザープライバシー、デジタル「マイナンバー」IDなどについて議論

1 min read

アップルCEO時 チームクック 日本を訪問 今月初め、彼は岸田文夫日本首相に会う アプリストアAppleの日本投資、そして iPhone の新しいレポートによると、将来的に採用される可能性がある機能 日経


木田はクックに日本の居住者に発行された日本のマイナンバーIDのデジタル版を有効にするよう依頼しました。 彼は、クックが「iPhone」でカードをサポートし、米国の米国IDのようにウォレットアプリにカードを追加できるようにしたいと考えています。

日本は個人の12桁のID番号を特徴とするマイナンバーカードの採用を増やすことを目指しています。 日本は2016年からカードを提供したが、2022年現在49%の人々だけが加入した。 ウォレット アプリにマイ ナンバー カードを追加すると、より便利で潜在的に簡単に入手できるため、より多くのユーザーがシステムを使用できるようにすることができますが、一部にはプライバシーの問題があります。

日本は、健康保険データから銀行情報まで、あらゆる種類の個人情報を保存するためにマイナンバーカードを使用したいと考えており、ユーザーの写真、名前、住所、生年月日が表示され、データ漏洩の問題が発生する可能性があります。

クックはキシダに「iPhone」にMy Numberカードを追加する作業をすると言ったが、AppleはMy Number IDの処理について「強い懸念」を持っていると述べた. 彼はまた、Kishidaに、アプリの配布を取り巻く規制が「iPhone」ユーザーのプライバシーとセキュリティを損なわないように促したと言われています。

日本政府 心配した スマートフォンのオペレーティングシステム市場に対するAppleとGoogleの管理とともに、Appleがサードパーティのアプリストアを許可することを要求する規則を提案しました。 アップルは当時の声明で「日本政府と建設的に関与する」と明らかにした。 日本はAppleの‌App Store‌ルールに関する最終報告書を準備し、公衆の意見を収束し、継続的な議論を進めているので、CookがKishidaが‌App Storeのセキュリティを毀損すると考える法案を諦めるようにKishidaを動揺させようとするのは驚くべきことではありません。

CookとKishidaは、Appleが過去5年間にわたって日本のサプライチェーンに1,000億ドル以上を投資し、引き続き日本の投資を優先することを指摘し、Appleの日本の投資についても言及しました。

READ  上田BOJガバナーがデビュー政策会議で通信テストに直面
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours