Tohoが北米でアニメーションEコマースプラットフォームGodzillaをリリース – Variety

1 min read

有名な日本映画やテレビの巨大企業である東宝の派生物である東宝インターナショナルは、日本の人気文化の北米ファン軍団を対象とした2つのeコマースサイトを発売する予定です。 1つのプラットフォームはGodzillaブランドに固有のものです。 もう一つのiiZOは、日本のオリジナルグッズを提供されるようになる様々なアニメファンの口当たりを魅了します。

この動きは、東方インターナショナルのクリスティン・パルセルGMと昨年末、クランチロールで同社に加わった彼女のアメリカベースのチームが率いる。 彼らは、数年以内に1億ドルの収益を上げる事業として、双子のイニシアチブを予測しています。 社内運営はアニメーションと「ゴジラ」ブランドの専門家で構成され、マーチャンダイジング、購入、ファッションの専門家も含まれます。 サイトは今夏の不特定の日に生中継されます。

グローバルアニメーション市場は2030年までに500億ドルを超えると予想され、マーチャンダイジングはコンテンツ市場の成功を導く重要な要素です。 2022年には、セグメントの収益の約28%がマーチャンダイジングで発生したと推定され、製品の革新に対する需要が膨大です。

「アニメファンは、商品化に対する非常に頑強な欲求を持っています。 アニメファンの大部分です。 そして、米国ではまだ公式ライセンス商品を本当に良い選択で提供する小売業者がほとんどなく、日本で選択を提供する小売業者ははるかに少ないです。 多様性。 「Toho Internationalは、アメリカのパートナーだけでなく、日本のパートナーと直接協力し、これらの需要を満たすためにこれらの製品のいくつかをもたらすことができるユニークな立場にあります。」

Parcellは技術的な違いが些細なことやパッケージングの問題かもしれませんが、詳細、言語、美学は熱心なファンにとって重要であると言います。

約日本語で「Yeah」に翻訳されたiiZOは、Toho Animationポートフォリオのアニメーション商品と第三者コンテンツの両方を扱います。 東方アニメーションのポートフォリオでは、「My Hero Academia」、「Spy x Family」、「Jujutsu Kaisen」が登場します。 グループ外の商品には「チェインソーマン」と「アタックオンタイタン」が含まれます。

Godzillaプラットフォームには、日本のGodzilla Storeのさまざまな商品や国際独占商品が含まれています。 製品の選択は、限定版コラボレーション、オリジナルライセンス製品、既存のファンが好む独占色などのアイテムを通じて、以前にアメリカで経験したよりもカイジュファンに高度なカスタマイズされたeコマース体験を提供します。

「ゴジラはそれ自体で経験する価値があると本当に強く感じます。 したがって、私たちはGodzillaストアを始めるだけでなく、本質的にGodzillaストアを日本からアメリカにもたらします。 また、godzilla.comを再起動します。 それは非常に強力な経験になります。 ゴジラファン層 [ranges from] 5歳から70歳の間です。」とParcellは言いました。 「ゴジラのファンがアニメを愛していると信じて、両方を公開したいので、クロスプロモーションを計画していないというわけではありません」

Parcellは、5カ年計画の財務詳細を共有していませんが、内部予測は確実であると述べています。 「上限が実装されていないことをお勧めします。 もちろん100万ウォンを超えることもできます。 対応する数字は認識されます。 私は、市場の現在の状態、需要、コンテンツなどすべてを考えると、これらの数値を達成できると心から信じています。 とても可能です。」

READ  Aaron Cockerillは日本で2位を獲得した後、ブリティッシュオープンを注視しています。
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours