トップニュース

Toki Airが日本航空会社初のATR 42-600Sを導入

Toki Airは日本の地域接続性を向上させるためにATRと意向書に署名しました。

世界最高の地元航空機メーカーであるATRは、新潟空港で運航する日本の新しい地域商業航空会社であるToki AirとLoI(Letter of Intent)を締結しました。 ATRとの連携は、トキエアが周辺地域と周辺地域間の移動性を高め、新潟市を活性化するというより高い目標を達成するのに役立ちます。

このLoIを通じて、ATRとToki Airは航空会社の航空機にATR 42航空機を追加し、STOL、短距離離陸および着陸のためのATR 42-600Sバリアントを導入するための協議に参加しています。 現在開発中のこの新しいバージョンのATR 42-600は、標準飛行条件で40人の乗客が搭乗した800メートルの短い滑走路で離着陸機能を提供します。 最初のインドは2025年初めと予想される。

Toki Airはすでに2022年に運営を開始する2台のATR 72-600のリース契約を締結しています。 Toki AirとATRは、航空機に最適なルートを見つけるために緊密に協力し、さまざまな利点を最大化する航空会社のビジネスモデルを開発しています。 ATR航空機は提供する必要があります。 この航空会社は、日本と同じ国の地域接続性との互換性とCO2排出量の削減と費用対効果の高い航空旅行を可能にする運用効率のためにATRターボプロップを選択しました。 Toki Airは、ATRのCargo Flexソリューションを航空機に導入した最初の日本航空会社でもあり、これは乗客/貨物需要の変動に適応するのに役立ちます。

ATRのCEOであるStefano Bortoliは、次のように述べています。ATR 42-600Sバージョンは、世界中の多くのリモートコミュニティの地平を拡大するために不可欠なツールであり、特に日本でそうです。 航空路線は諸島の国内旅行と輸送の不可欠な部分を構成し、我々はこれらの接続を持続可能な方法で保証することがどれほど難しいかを知っています。 ATR 42-600Sは、現在と将来に日本のニーズに合ったソリューションを提供できると確信しています。

新潟空港に加えて、Toki Airは新潟沿岸の使徒島にある佐渡空港を行き来する路線も運行しています。 主な課題は、ATR 42-600Sが完璧な890メートルの短い滑走路から離着陸することです。 ATR 42-600Sを購入すると、Toki Airはこの種の航空機を運用する最初の日本航空会社となり、日本地域航空ネットワークのパイオニアとして位置づけられます。

ドバイエアショー、2021年11月16日

READ  渋野3アンダーで後半に/伊藤園レディース速報中 - ゴルフライブ速報:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close