スポーツ

Tomoki Sato、東京パラリンピックT52 1,500mで二番目の金メダル獲得

Tomoki Satoは日曜日東京パラリンピックで二番目の金メダルを取ったし、二日前、彼は主張した400mクラウンの人車椅子T52 1,500mのタイトルを追加しました。

2016年リオデジャネイロ五輪での二つの戦いのすべて銀メダルを獲得した佐藤(31)は、東京国立競技場で開かれたパラリンピックの記録である3分29秒13で日本の金メダル数を4つに狭くなった。

400表彰台を再び米国のレイモンド・マーティンが0.59秒差で銀メダルを取ったし、日本の合ヨナバル博一が3分44秒17で第二の銅メダルを取った。

内部位置から開始して、Satoはリオデジャネイロから400と1500の両方を獲得したMartinと瞬時に2人のレースとなった試合を最初からリードしてきました。

勝利への岡山県出身の佐藤は、400人、1500人を超えるパラリンピックチャンピオンと世界チャンピオンになりました。

Satoは、自分の世界記録である3分25秒08をさらに向上させることができないことに失望したが、コロナウイルス感染症が原因で試合が不確実な状況で2つの金メダルを取るの重量を感じました。

「(試合が延期された後)した年は選手だけでなく、多くの人々に闘争の年でした。 それぞれの国の選手がベストを果たすために、ここに来て、これを念頭に置いて最善を尽くしてたかった」と佐藤は言った。

「大会を可能にしてくれたすべてのボランティアに感謝の挨拶を伝えたいと思います。」

金曜日の400番目の決勝戦ではSatoは後ろきたフィニッシュラインでMartinより先あるだけだった。

“マーティンは、高速スターターです。 劉オリンピックとロンドンパラリンピック、2015ドーハ世界選手権で、彼は出発から脱線した。 それは彼が通常のレース方式です。 最初に彼は私の前に来ていないのは今回が初めてです。」とSatoが言いました。

2010年、脊髄の炎症である脊髄炎の診断を受けたSatoは、2012年ロンドンオリンピックでMartinや他の人の試合を見て車椅子レースを開始しました。

二人は2024年にパリオリンピックでパラリンピックの競争を続けることになります。

“Raymondは常に価値のあるライバルでした。 私たちは、お互いを助け、一緒に成長した」と佐藤は言った。

50歳のUeyonabaruはホームゲームで、オーストリアのThomas Geierspichlerを抜いて第三パラリンピックのメダルと第二のゲームを獲得しました。

彼は “(パラリンピック)がコロナウイルスの真ん中開くことができてうれしい」と語った。 「医師の助けがなかったら、ここまで来ることができなかったことです。 感謝の気持ちを伝えることができるように最善を尽くしたい」と述べた。

誤った情報とあまりにも多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今予約購読

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  スポーツ万能少年 "次の首相」本名カン官房長官の姿 - 社会:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close