スポーツ

Top League、2021キャンペーンスケジュール、フォーマットの変更

日本のラグビーサッカー連盟(Japan Rugby Football Union)は、2021年のトップリーグのシーズンの改編された形式と日程を公開しました。

キャンペーンの開始は2月20日に予定されており、4月11日まで行われる予定です。 Toyota Verblitzと名古屋でToshiba Brave Lupusの対決が1ラウンドの試合のヘッドライナーです。

シーズンは、元の1月16日に開始する予定だったが、いくつかのチームがCOVID-19勃発を経験した後、演技しました。 今週リーグは総陽性事例が68件と発表しました。

土曜日に行われたオンラインの記者会見で、JRFUの岩渕健介会長は68人の選手のうち29人がウイルスに音声判定を受け、チームと一緒に練習を再開したと言いました。 彼は残りの選手のほとんどは、次の数週間にラグビー活動に復帰するものと予想されると付け加えた。

シーズンの新しい形式は、16チームをRedとWhiteの2つの会議に分け、他のすべてのチームと一度対決します。 リーグは4月17日から5月23日までに、サブ層Top Challenge Leagueの上位4チームを含む20チームのポストシーズンのトーナメントを開催します。

このトーナメントの勝者は、2022年1月に新しいリーグが始まる予定の最終トップリーグチャンピオンになるでしょう。

パワーハウスクラブの神戸コベルコ・スティーラーズ、ヤマハジュビロ、パナソニックワイルドナイツはホワイト会議で一緒にグループ化されており、サントリー線ゴリアテ、東芝、トヨタはレッド会議でプレーされます。

シーズンを後方に移動するとプレーオフコンテストを含む総ゲーム数が103個から75個に減少します。

この預け入れ「リーグ内感染事例を監視し、対応策を再考しなければならない」と述べた。 「リーグとして、我々はチームと一緒にプレイヤーが感染していないことを確認します。しかし、感染していないという保証はありません。

「(2月20日)までの4週間残ったが、少なくとも今のところは、プレイすることができそうなので、その日を決めました。 そのため、状況に応じて、その前にスケジュールを再調整する必要する可能性があります。

リーグはシーズン中にプレイヤーが2週間ごとにPCRテストを受けなければならないと発表したが、Top Leagueの太田修会長は、テストがより頻繁に実行されると言いました。

このサーキットは、ファンが試合に参加できるようにする計画であり、政府が提供する指示を固守して観客を5000人または競技場収容人数の50%に制限することです。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  ニキータマゼピン契約解除の場合ハースF1の選択は?[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close