トップニュース

Top Rankが日本でAmazon Prime Videoストリーミング契約を締結

  • 日本ボクシングプロモーター テイケンプロモーションと契約締結
  • 29日、Gennadiy Golovkin対Ryota Murataでマルチバトル契約開始NS 12月
  • 2022年追加試合発表予定

アメリカに拠点を置くボクシングのプロモーション会社であるTop Rankは、Amazonと提携し、日本での電子商取引の巨大企業であるPrime Videoオンデマンドストリーミングサービスを通じて、複数のイベントを生中継しました。

日本のボクシング プロモーターであるTeiken Promotionsにも関わるこの取引は2021年と2022年のイベントを扱っており、29日にGennadiy GolovkinとRyota Murataのミドル級世界タイトル統合の戦いを皮切りにします。NS 12月は「日本の大ドラマ」として注目されている。

日本でのみ独占ストリーミングされる「Prime Video Presents Live Boxing」追加バトルカードは、適切な時期にTop RankとTeikenで発表する予定です。 すべてのライブボクシングイベントは、Prime Video JapanのPrimeメンバーに追加料金なしで提供されます。

Prime Video Japanの国家取締役である高島高田氏は次のように述べています。

「今、コンテンツの選択にライブスポーツを追加することができてうれしいです。 日本のプライム会員は、プライム会員の追加費用なしで、私たちの国民英雄であるRyota MurataとGennadiy Golovkinの今年の戦いをプライムビデオで楽しむことができます。 日本初のライブスポーツを提供するために、Top RankやTeikenプロモーションと協力することを嬉しく思います。

トップランクの会長であるTodd duBoefは次のように付け加えました。 「何十年もの間、ボクシングは日本で最高のスポーツの一つでした。 日本のAmazon Prime Videoでライブボクシングプログラムを開始するための最大のスターをもたらすために、Teikenプロモーションとパートナーシップを結ぶことができてうれしいです。

今年初めにラスベガスに本社を置くTop Rankは、英国有料テレビ放送会社Sky Sportsと4年契約を締​​結しました。 Comcastが所有するネットワークは、Terence Crawford、Vasiliy Lomachenko、Josh Taylor、Mikaela Mayerなど、エリートファイターをカバーする米国のトップランクイベントのためのイギリスとアイルランドの本拠地となりました。

READ  林前国防長官、日本外務相候補を検討

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close