トップニュース

Toshiba会長就任、外国人投資家の日本でのブレークスルー

会計スキャンダル処理を含む会社の経営陣の意見の不一致が原因で、東芝は、新しい投資家との衝突になり、これらのいくつかは、より多くの社外取締役追加を含む取締役会の変化を促しています。

昨年の定期総会で不正投票で株主の反乱を起こし緊張感がさらに激しくなった。 一部の投資家は、ソニーの社外取締役を務めていた製薬大手製薬会社Chugaiの元CEO兼ディレクターである永山氏会社の問題のために、内部調査の後非難した。

“Nagayamaは、自分自身を変化の代理人として位置づけしようと努力したが、1年の間にそこにいて、その年に多くのことが発生して、アクションを取らなかった。」とSaribasは言いました。

3月にToshiba株主は総会での問題のために、内部報告書の結論に不満している会社が2番目の独立した調査に着手することを余儀なくしている。

独立した調査によると、シンガポールに拠点を置くEffissimo Capital Managementの新取締役の提案がToshibaの企業スイートを揺るがしました。 これに対して役員は、日本貿易部の関係者に連絡して、会社が退いようするための戦術を調整しました。

東芝の最大株主であるエピ下田との会話では、国防部の関係者は、日本企業の中国の影響力に対する懸念の増加に対応するため、新たに改訂された外国人投資法に基づいてヘッジファンドが調査対象になることができると示唆した。

その努力が失敗すると、通産省は、別の東芝投資家であるハーバード大学の基金を圧迫するために代表を送った報告書は述べている。 最終的にToshibaは、その道をつかみ、投資家たちは、理事会のメンバーを承認した。 報告書は、戦術が選挙の最終結果に影響を及ぼさなかったが、それにもかかわらず、不公平であると結論に達しまし。

READ  バンクーバーで日本人留学生殺害で有罪判決を受けた男性のための新しい試みコマンド

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close