理科

TSMCの日本のプロジェクトは、20以上の参加企業誘致

日本政府は、月​​曜日、日本で最先端のチップ製造技術を開発するためにTaiwan Semiconductor Manufacturing Co.に入隊する計画を確定する予定です。

経済産業省は、日本の半導体産業は、グローバル市場での衰退することを懸念しTSMCの協力を模索した。

世界最大の契約チップメーカーであるTSMCは約370億円(3億3,700万ドル)のプロジェクトのコストの約半分を負担する予定です。 チップパッケージに強いイビデンなど日本企業20社以上が参加する。

TSMCと協力するために、公共 – 民間部門の共同の利益を確立しようとする日本政府は、日本の産業の強化された国際競争力に成果を上げることを期待しています。

試験施設の建設は、茨城県つくばにある国立ハイテク産業科学技術研究所で、早ければ今年の夏に開始される予定である。 本格的な研究開発作業は、早ければ2022年に開始されます。

チップ業界は、半導体がより大きな処理能力を持つことができるように電線の薄く荷物を含む、いくつかの重要な領域での限界に近づいています。

現在、世界の小型化産業を主導してき台湾企業が明日のより強力で洗練されたチップを作成するための別の戦略に着手している。 日本企業と協力して材料や製造装置の強みを活用するものである。

TSMC計画の一部は、半導体を垂直に積層する、いわゆる3Dパッケージング技術を日本で開発することです。

Ibidenはパッケージング技術のグローバルリーダーです。

このプロジェクトに参加した他の会社には、超薄型の配線で有名な材料メーカーであるAsahi Kasei; 新しい放熱素材を作る信越化学成形材料の専門メーカーNagase&Co。; 製造装置メーカーであるShibaura Mechatronics。

日本の萎縮した半導体産業がTSMCと協力することは、大きな利点があり、日本政府は、次世代半導体の開発を促進するために設立された基金を使用して、プロジェクトに部分的に資金を調達する予定です。

日本は台湾の会社が日本に製造工場を設立するという条件でTSMCと協力していると思われる。

READ  地球の生命は月の磁場も守られながら誕生したのかもしれない| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close