経済

TSMC創設者、米国内の全チップサプライチェーン計画

TAIPEI – 米国議員が米国のチップ業界に520億ドルを投資しようとしている間、台湾セミコンダクタ製造会社の創設者は、台湾の完全なサプライチェーンを再構築する計画は小さすぎると述べています。

現在、世界で最も価値のあるチップメーカーとなった同社を設立した米国市民のMorris Changは、米国がはるかに多くの費用をかけても、全チップサプライチェーンを国内に備えることは不可能だと述べた。 いずれにせよ財政的に望ましい。

チャンは、火曜日の夜、台北で開かれた技術産業フォーラムで、「米国で完全な半導体サプライチェーンを再構築したい場合は、それを可能な課題とは思わない」と述べた。 「数千億ドルを費やした後でも、サプライチェーンが不完全であることがわかります。

米国は1990年代に世界半導体製造の37%を占めましたが、半導体産業協会のデータによると12%に低下しました。

ワシントンは、台湾への過度の依存に対する懸念の中で、米国の土地でより多くのチップ生産をもたらすためにキャンペーンを行っています。 今年、米国上院は国内半導体製造およびR&D支援のための520億ドル法案を通過させたが、パッケージはまだ法律で制定されていない。

台湾半導体製造(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co.)創設者モリス長(Morris Chang、中央)が10月26日、台北で開かれた技術産業フォーラムに出席している。 (写真提供:Cheng Ting-Fang)

2018年にTSMCで引退したChangは、チップサプライチェーンを国内に持ち込むことを主張する一部の人々がサリサ欲によって動いていると主張しました。 Intel CEOのPat Gelsingerは、「台湾でも安全ではなく韓国でも安全ではない」と米国でより多くの製造を行うことを支持し、Intelは520億ドルの補助金パッケージで資金を確保することを希望すると述べた。

サプライチェーンを再考することはみんなに挑戦するだろうとチャンは言った。

彼は「過去には米国やアジアの企業がグローバリゼーションと自由貿易のおかげで成長し繁栄した」と話した。 チャンはトーマス・フリードマンの著書「The World Is Flat」を引用しました。

「トム、世界はもう平らではない」 彼は言った。 これはインテルをはじめとするアジア半導体産業、グローバル半導体産業への挑戦になるだろう」と話した。

火曜日のチャンの発言は、彼が半導体製造を再建しようとするワシントンの努力について初めて直接公に疑問を提起したことだった。 彼の批判は、政府のキャンペーンに応じて米国アリゾナ州に先端チップ施設を建設しようとするTSMCの動きにもかかわらず出てきた。

以前、チャンは、チップの生産量を増やすための世界政府の努力が、どの国を指定しなければ、逆効果をもたらす可能性があると述べた。 台湾の米国研究所の所長であり、台北の最高の米国外交官であるSandra Oudkirkは、業界フォーラムの観客の一人でした。

ヨーロッパ、日本、中国もスマートフォンから軍用技術に至る装置を可能にするチップが自国内で維持されるように政府支援を提供しながら国内生産を増やす準備をしています。

TSMCは最近、同社が日本で最初のチップ施設を建設すると発表した。ここで、フミオキシダ首相は、政府が大規模な民間部門の投資を支援すると述べた。

READ  日本のウイルス急増シュガーが短期プレミアように見えます。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close