TSMC熊本工場、日本最高水準のファブでオープン

Estimated read time 1 min read

日本熊本、2月24日(CNA)台湾契約チップメーカーである台湾半導体体制会社(TSMC)が土曜日熊本に日本の最も先進的なウェーハ工場を公式に開いた。

TSMCの創設者Morris Chang(張忠謀)は、開場式で、台湾チップメーカーが2019年に日本にファブを建設するように招待され、5年後に投資に対するアイデアが現実になって嬉しいと述べました。

Chang氏は今後、チップの需要が膨大であると予想し、AI(AI)アプリケーションにははるかに多くの生産能力が必要になると予想され、市場は需要を満たすためにより多くのウェハファブが必要になると付け加えました。

TSMCの日本初のファブ建設は、日本政府とTSMC日本パートナーの強力な支援を受け、2022年4月に始まりました。

去る土曜日に竣工した同工場は、今年第4四半期から量産を開始する予定で、サムスン電子の海外生産基地の中で開発が最も速く進行するところだ。

合弁会社のジャパン・アドバンスト・セミコンダクター・マニュファクチャリング(JASM)を通じて、このファブはTSMCの成熟した12ナノメートル、16nm、22nm、28nmプロセスで作られたチップを発売し、月生産能力は55,000個に達し、最も先進的なロジック半導体になるだろう。です。 日本のファブ。

現在、TSMC、ソニーセミコンダクタソリューションズ(SSS)、デンソーが所有するJASMは、台湾TSMCが派遣した300~400人を含めて1000人以上の人材を保有しており、その数は2008年まで増えると予想される。 初のファブ量産開始すると1,700台程度。

張会長は1968年、米国テキサスインスツルメンツ(Texas Instruments Inc.)副社長として在職した当時初めて日本を訪問し、ソニーとの合弁投資を推進し、1980年に日本にファブを建設したと話した。

Changは、Texas Instrumentsでの経験から、1985年に台湾と日本にも同様の状況があることを発見したと語った。

その結果、チャンは1987年に台湾で純粋なプレイファウンドリ事業を開始することを決定し、現在世界最大の契約チップメーカーであるTSMCを設立したと述べた。

JASMが成功するという期待が大きいと述べ、合弁事業はグローバル半導体サプライチェーンの弾力性を強化し、日本の半導体産業が回復するのに役立つと信じていると付け加えた。

去る1月初め、江津による被害調査のために石川県能登地域に飛んだ岸田文夫首相は、録画映像でTSMCの熊本投資が半導体産業発展のための重要な段階だと評価した。 日本と台湾の両方です。

北田は、日本政府が投資申請手続きを簡素化し、ファブ建設を1日24時間進めて建設時間を短縮することで、JASMが熊本で投資計画を行うことができるように前例のない大胆な支援を提供したと述べた。

これに対してマーク劷山TSMC会長は開会式で日本政府と会社の日本事業パートナーに感謝を表し、JASMが安定的な半導体サプライチェーン構築のため日本市場で購入をすると約束した。

李氏は、JASMも、TSMCの措置に従って環境、社会、ガバナンス(ESG)イニシアチブを推進するという約束を果たし、熊本で100%リサイクル水の使用を通じて水の保存を目指し、グリーン製造を強化するために最善を尽くすと述べた。 。

Liuは、JASMが半導体産業を新たなレベルに引き上げることを目指して熊本で3,400以上の先端技術雇用を創出すると予想されると付け加えた。

2月6日、TSMCは熊本に2番目の工場を建設すると発表しました。 日本の自動車大手トヨタがJASMに加わり、チップメーカーは合弁事業の持分86.5%を保有し、SSS、デンソー、トヨタが6%、5.5%を所有すると予想されます。 そして2パーセント。

2番目のファブは今年末に着工し、2027年末から商業生産を開始する予定だ。

TSMCは、JASMの最初のファブとともに、JASMの投資全体が200億ドルを超えると明らかにし、日本政府の強力な支援を受けたと付け加えました。

2つのファブが完成した後、JASMは40ナノメートル、28 nm、22 nm、16 nm、12 nmの成熟したプロセス、さらに高度な7 nmと6 nmの技術を使用して、最大容量で1ヶ月に100,000枚以上の12インチウェハをリリースすると予想されます。 、TSMCは言った。

TSMCによると、JASMのチップは、自動車、産業、消費者、および高性能コンピューティング(HPC)関連のアプリケーションの生産に使用される予定です。

熊本のセカンドファブについて、北田は日本政府がJASMに支援を提供し続けると述べた。

台北に本社を置く市場情報諮問会社であるTrendForce Corp.は、最近の研究報告書では、熊本の豊富な地下水資源が、TSMCが工場の建設場所を選択した主な理由の1つであると述べた。

市場アナリストは、TSMCの熊本投資が日本の半導体クラスターを構築し、熊本と九州島に大きな経済的利益をもたらすと予想され、日本で大きな注目を集めたと述べた。

(Chang Chien-chung、Yang Ming-chu、Frances Huangによる)

最終項目/ASG

READ  Pelosi、インド太平洋地域議会の代表団を率いる
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours