エンターテインメント

TVアニメ「 “ひプノシステムマイク-Division Rap Battle-「Rhyme Anima」特集小野克己監督、シリーズ構成・吉田新北村京子プロデューサー座談会

2017年9月の開始から約3年以上コミックナタリー読者で「ヒプノシスマイク」の名前を知らない人はいないだろう。有名ラッパーと作家陣多数参加する本格的な音楽と武力による戦争の根絶され、女性が覇権を握るという独自の世界観が、何よりも、様々なキャラクターの魅力によって熱狂を生んで続ける “ひプノシステムマイク-Division Rap Battle-「その万全の準備をしてアニメ化作品となる” “ひプノシステムマイク-Division Rap Battle – 「Rhyme Anima」がいよいよ10月に開始した。

コミックナタリーでは、放送に先立って大野克己監督、シリーズ構成吉田新A-1 Picturesの北村京子プロデューサー3人のインタビュー。 本作の大きな魅力であるラップバトルを描画する方法について、より今後の展開にも話を聞いた。

取材・文/柳川春香

カードゲーム≒ラップバトル!?

──万全の準備をして、「ひプノシステムマイク」アニメ化することで、期待していたファンも多いと思いますが、元の皆さんがアニメーション制作の話を受けたのはいつ頃だったでしょう?

大野克己一昨年くらいだったかと思います。 監督として参加する前から人気があるのは聞いていて、「アニメ化するだろう」と思ったら、私に話が来たので、驚いた。 「遊☆戯☆王ARC-V」や「前戯絶唱信号飢餓」シリーズをしていたので、そのようなキャリアを見て教えていただけるかなと思いました。

吉田新私は大野さんに声をかけてもらいましたが、その時はまだ「ヒプマイ」を知らなかった。 2年ほど前なので、当時はプロジェクト自体が始まったばかりなくて。 最初は「ラップをアニメーションなどはできますか? 」と思いました。

小野吉田氏は、「遊☆戯☆王5D」s」で一緒にしており、戦闘とストーリーを満たしているような作業を専門にされてきた方だから、これはお願いしようと。

吉田カードゲームとラップバトルはかなり違います(笑)。

北村京子私の詳細たわけではない」ヒプマイ」の音楽は、音楽的に聴いている。 今までのラップというジャンルは、縁がなかったのでラップを聞くことも、「ヒプマイ」が初めてでした。アニメの話を受けたときは、まず「どのようにすればいいのか全く分からない」と思いました(笑)。

──あ(笑)。

北村とても人気のあるタイトルなので、圧力もあった。 しかしながらさせてくれる以上、私のようなラップに慣れていない人でも楽しめるのがされた場合作っています。

リスクドアを開けた感じ

──「ヒプマイ」のアニメ化においても最も気になるのがラップバトルをどのように表現されるかというところました。 第1話を受けてみましたが、文字はCGで描かれていました。

小野第1話はCGだが、そうでないものも、今後たくさん出てきます。

──そんなんですか。

北村今後CGも作画も交え、さまざまな演出をしていますので、楽しみにしというところですね。

──キャラクターももちろんですが、ダメージを与えた相手の姿をアニメーションでこのように可視化されているんだということが面白かったです。

小野やはりアニメにおいてはバトルを正しくしなければと思っていました。 音声と戦闘の様子は、そこまで明確にされていなかったと思いますが、図することにより、リアルに聞こえるか、情報が増えるので、戦闘シーンは、初期画像ボードを作成混ぜいきました。

──歌詞の文字が視覚的に使用されているのも印象的でした。 アニメでこれだけのキャラクターが特色のある演出はあまりないでしょう。

小野言葉を具体化し、それがダメージを与えているようであると考えています。 押韻ところパワーが発動するようなものを表現できればと。 従業員は、「聖闘士星矢」の鳳凰幻魔拳のように、とか説明していた(笑)。 画像演出を続けているようなものなので、大変でもありましたが、私は作ってすごく面白かったです。

──そして、第1話からいきなり新曲4曲が使用されていることにも驚きました。

小野梅とても素敵な曲が来て後ラップすごく広いんだなと思いました。 「こんなのもアリだよ」と言う。

北村予想よりも歌が多いました。 全体の物語オリジナル曲を書き下ろしてくれたので、曲を作った皆さんも大変な作業だったと思います。 歌が歌をシナリオの後作るのは珍しいことではラップ待機する時間があったんですよ。 限られた時間の中で、これほど多くの曲を作ってくださったのは凄いことだと思います。

小野シナリオが出てからラップを注文し、物語に沿ってラップが上がってきて……という順でしたね。 曲がシナリオのようなものだろうか歌が話を動かしていくので。

北村ミュージカルのような感じですね。 通常のキャラクターが出てくるように、アニメーションでも楽曲の歌詞の内容は、あくまでもキャラクターの画像を歌っていることが多いので、本編の内容に直結された内容の曲は本当に珍しい。

吉田新しく……やばいドアを開けた感じがします。

──(笑)。

吉田「こんなことだよ!?」と。もしすべてがこれに追従くると大変なことがあります。

READ  香港の地選定21世紀の日本映画ランキング傑作で通好みまで25:映画ニュース - 映画.com

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close