技術

Twitterが、有名なハッカー “マージ”さんセキュリティ責任者に抜擢、一体どんな人物なのか? – GIGAZINE



Twitterがオープンソースプログラマーであり、ハッカーに知られている「マージ」することができピータージャトコさんセキュリティ責任者を迎えたと報道されています。 ジャトコ氏は、セキュリティ責任者に就任する旨をTwitterのジャック都市CEOに伝えており、年内にはTwitterの主要なセキュリティ機能の管理を引き継ぐ予定です。

Twitterは、セキュリティ責任者で有名なハッカーいずれ」地名| ロイター
https://www.reuters.com/article/idUSKBN27W2MB

Twitterは、影響力のあるハッカーPeiter」Mudge’Zatkoをセキュリティ責任者として雇用
https://www.cyberscoop.com/twitter-hires-mudge-zatko-security/

ジャトコ氏は、音楽の名門であるバークレー音楽大学を首席で卒業し、専門のギタリストとして活躍しています。 同時に子供の頃からAソフトウェアのコピー防止を削除熱中したというジャトコ氏は、コンピュータのセキュリティにも精通しており、ボストンに拠点を置くハッキング集団「L0pht重工業」のメンバーでもあります。

ジャトコ氏は、「脆弱性の情報は、すべての情報が詳しく一般に公開されるべきでない」というフルディスククロージャを信条としており、バッファオーバーフローサイドチャネル攻撃の論文を執筆したり、パスワードクラックツールL0phtcrackを開発するか、Windows 98のセキュリティ脆弱性を示すために、遠隔操作ツール」バックオリフィス“を発売するなど、セキュリティについて積極的な情報発信をしてきました。

また、ジャトコ氏は、1998年に米国の上院委員会で、当時のインターネットの深刻な脆弱性について証言し、2000年代には、米国政府のプロジェクトにも参加します。また、2010年に防衛高等研究計画局(DARPA)からハッカーの個人や中小セキュリティ企業のための資金提供プログラムを開始するなど、政府主導のプロジェクトにも積極的に参加しています。


一方、Twitterのセキュリティの課題に直面しています。 2019年にはTwitterのスタッフがサウジ政府に買収されたスパイ行為に加担していたことが判明しました。

Twitterの従業員が政府に買収されたスパイ行為に加担していたことが明らかに – GIGAZINE


また、2020年7月に、大企業や有名人Twitterのアカウントが一斉にハッキングされる騒動を起こしています。

Appleとイーロン・マスクなどのTwitterの企業・有名人アカウントが一斉にハッキング – GIGAZINE


Facebookの前最高技術責任者であるアレックス・スターモス氏は、「2020年7月に起きた一斉ハッキング事件は犯人だった17歳の少年突破していためTwitterが基本的なセキュリティ機能をどこまで構築するのかを考えるきっかけとなった重要な出来事でした」とTwitterのセキュリティ問題を解決する必要がある課題にジャトコ氏はぴったりであるとします。

また、公式発表前に報道されたことに触れジャトコ氏本人は、「秘密が漏れてしまったようですね.Twitterの経営陣に参加することが非常に楽しみです。公共の会話(公平に)役立つことだと心から思います。ベストを尽くす “とツイートした。

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  「Dead by Daylight "海無幼稚園と山岡邸宅が構造グラフィックの両方の再構成。 などのビジュアルアップデートを複数回行う計画も発表| AUTOMATON

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close