U-15女子ソフトボールワールドカップ3日目:日本とアメリカが完璧な勝利記録を維持しました。 メキシコ、チャイニーズ台北、プエルトリコ、第3勝利 – 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)

1 min read

グループリーグでの活躍 WBSC U-15女子ソフトボールワールドカップ 開催国 日本とアメリカがそれぞれイタリアとプエルトリコを相手に総合的な勝利を収め、組合予選3日目に先頭席を占めながら弾力を受けました。

台湾はペルーとニュージーランドを相手にそれぞれ2勝を含めて3連勝を収めた。 台湾、メキシコ、プエルトリコは3-1で同じ勝敗記録を持っています。

メキシコは月曜日に1試合を行い、ニュージーランドに勝利しました。 プエルトリコは2試合を行い、結果が交錯しました。 アメリカに敗れ、フィリピンに勝利しました。

一方、ブラジルとチェコ共和国はウガンダを相手に没収した。

3日目の結果

ペルーvチャイニーズ台北0-7

台湾は3日目の世田谷で開幕戦を行ったままペルーを相手に5イニングを7-0で破り、大会2回目の勝利を収めた。

台湾は1回4失点に出発し、ルーオシンXuの左3塁打を破った後、Yen-Ting Chiuの安打で1位を占めた。

Xuが右翼のヒットを打ってYi-Jie Chuangを打席に上げた。

5回目には、Xuは再び右のヒットを破ってChuangを押し出し、台湾が勝つために必要なすべての攻撃を提供しました。

メキシコ vs ニュージーランド 7-1

メキシコはニュージーランドとのトーナメントで7-1で3回目の勝利を収め、記録を3-1に向上させました。

Izarely Almaguerの犠牲フライで、メキシコは1点1点を記録し、1位を占めました。

メキシコは、3回目のサバンナ・サラザール(Savannah Salazar)のヒットで始まったアリアナ・サラザール(Aryanna Salazar)の得点で4-0に先んじた。 サラザールとカリーナ・ロドリゲス・イバラがドロップフライに成功し、2得点を記録しました。

メキシコは2点を追加し、ニュージーランドは4回についに最初の得点を上げて6-1に遅れた。 メキシコはペースを維持して5回にも追加得点を記録して再び6点差を広げた。

メキシコは7回末に3アウトを出して勝利を確定した。

日本 v イタリア 12-0

日本は月曜日の朝、世田谷でイタリアを相手に12-0で勝利し、トーナメント無敗行進を続けた後、3連勝を収めて出発しました。

日本は勝手に攻撃を繰り広げ、安楽咲の第3シングルがLilia LewisとYumeka Kagenをホームプレートに押し込み、1回2点をヒットしてヒットした。 アンラクは後に大まかなヘルメットで得点し、日本を3-0にした。

日本は4回目のルイスの3塁打で再び攻撃に乗り出し、中西ひとつが4点を記録した。

試合後にイタリア人が実施した守備と投球の変更にもかかわらず、彼らはRachika Sakuragiがヒットを実行し、ルイスがスコアを5-0に更新するように別の得点を設定することを防ぐことはできませんでした。

日本は5回にまた再び1ゴールを入れて6-0に先立ち、6回にも2ゴールを追加してイタリアは守備に変化を与えました。 日本はこれを避け、リソラ・カジメのダブルとルイスのシングルで4ゴールをさらに得点し、以前のスコアを12-0に倍増しました。

ニュージーランドvチャイニーズ台北0-8

台湾はニュージーランドを相手に8-0で勝利したのに続き3連勝を収めた。 台湾は開幕戦開催国日本に敗れた。

台湾は2回末、Pei-Wun WuとYi-Hsuan Tienが爆闘後、打席をめくって2点を上げた。

彼らは次のスタンザで5点を出して攻撃を強化しました。 大まかなヘルメットで、Zeng Kai-Hua ZengとYu-ling Wuが得点に入った。 Yi-Zhen Zhuangがヒットし、ZengとYuが最初の2点ホームプレートに入った。

Zhuangは、Wuが2塁に牽引された盗塁で次の得点を記録しました。 我々は、最終的に誤って得点を上げて、TienがYi-Jie Chuangのシングルをホームプレートに触れて、アメリカの得点を締めくくった。 彼らは5回の試合が終了する前の4回の終わりにもう一度得点を記録しました。

READ  金曜日は広島76周年です。 終末はこれまで以上にあります。

アメリカvプエルトリコ6-0

試合前、米国とプエルトリコは無敗の記録を立て、アメリカがプエルトリコを6-0で勝ち、B組単独をリードした。

アメリカの攻撃はAspen Boulwareのボールネットで始まり、後にSofia Hernandezの中央打点シングルからチームの最初の得点に変わりました。

米国は2回初め、アナベラ・アブドゥラの左戦ソロホームランを破って2-0に先んじた。 プエルトリコは次の米国打者3人を三振で捕まえて勢いを止めた。

各フレームを無得点に保つために、両側が打者をうまく管理し、次の3つのフレームは静かになりました。 Boulwareは深い右翼手にソロホームランを破り、アメリカに3-0優位を与え、平和を破った。

アメリカは最後の3点を打ち上げ、左翼数ヒット、2塁打で仕上げ、B組無敗行進を続けました。

フィリピン v プエルトリコ

プエルトリコはフィリピンを8-1に逆転させ、勝敗カードを3-1に更新し、一日を終えた。

Yamilette Cordovaが歩いてホームプレートに移動することは、犠牲バントとアンタで次の2つのベースに移動し、犠牲フライで得点してプエルトリコに1-0優位を与える包括的な旅でした。

プエルトリコは次の2イニング中にフィリピンを無失点に保ち、2回には1点、3回には2点を記録して攻撃を続けました。 Cordova、Nia Melendez、Logan Besterはその演劇の中心でした。

フィリピンは、4回目のティファニー・ロレンツォ(Tifhanie Lorenzo)がアナ・マリー・ピザ(Ana Marie Piza)のヒットで最初の得点を挙げて沈黙を破った。

その後、プエルトリコの攻撃力が爆発し、5イニングで4失点して試合を終えた。

クイックリンク

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours