U-15女子ソフトボールワールドカップ4日目:日本がメキシコを破って4連勝 – 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)

Estimated read time 1 min read

レース WBSC U-15女子ソフトボールワールドカップ 第4回戦が行われており、チームは最善を尽くしています。 世界1位の米国と2位の日本は、3日間の競争の末に各組で首位を占め、火曜日にも無敗行進を続けることを希望しています。

日本(3-0)、メキシコ(3-1)、台湾(3-1)、イタリア(1-2)が相変らずA組の上位3位を追ってスーパーラウンドに進出することになった。

B条では、米国(3-0)、プエルトリコ(3-1)、チェコ(2-2)、フィリピン(2-2)、ブラジル(1-2)がスーパーラウンドに進出する。

4日目の結果

ペルー – イタリア生きる
メキシコ – 日本0-5ボックススコア
イタリア – 中国語台北
ニュージーランド – 日本
プエルトリコ – ブラジル
チェコ – アメリカ
フィリピン – ブラジル

ペルー対イタリア

Giulia ColinoはGiulia Calzolariと共にペルーのミスを利用して得点を決めました。 ペルーは守備の変化を与えたが、レティージア・ジウンチのヒット後、ジュリア・コリノが先制得点を上げることを妨げなかった。

次の試合で、Calzolariは大まかなヘルメットで次のスコアを上げ、GiunchiはGiorgia Colinoの犠牲バントでホームプレートに到達し、最初の試合で3-0に達しました。

ペルーは2回初めに2得点を獲得し、バレリア・カサフランカがエミリー・ファイバとルチアナ・チャベスにヒットして赤字をわずか1-3-2に減らしました。 3回初めには東端真由美(Higa Endo)が盗塁を成功させ、3オールで同点を作った。

3回末、アリダ・カンピオニ(Alida Campioni)が得点を成功させ、イタリアが4-3に先んじた。 イタリアチームは3点をさらに成功させ、7-3にリードを拡張しました。

メキシコ対日本

日本はメキシコを5-0で破り、大会4回目の勝利を収めた。 開催国はこれまで無敗行進を続けており、午前12時30分にニュージーランドとの開幕戦5回目で最後の試合を行っています。

日本は1回初めに時間を無駄にせず、まずメキシコ打者3人を順番にアウトさせた。 彼らは攻撃を引き起こすために時間を無駄にしませんでした。

1社後、桜木ラチカ(Rachika Sakuragi)はボルネットを獲得し、大まかなヘルメットで2塁に進出し、ゆめかカゲン(Yumeka Kagen)安打で初得点を記録した。

Kagenは2連続ボルネットで3位に上がり、Yuki Imamuraのシングルで彼女とMao Hashimotoが日本に3-0優位を与えた。

4イニングの無失点を記録した日本は、6回末のサリ長門(Sari Nagatomo)と中西花(Hana Nakanishi)が梨子藤田(Riko Fujita)の安打を受けて、2点をさらに獲得し、5-0に上がった。

メキシコは7回末無失点で勝負を覆した。

クイックリンク

READ  日本のサントリーの最高経営責任者(CEO)は、ファンレス東京オリンピックによる経済的損失は、「巨大なレベル」になると述べた。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours