U of Aコンピューティング科学者たちは、バーチャルリアリティゲームについて日本の研究者たちと協力して、人々をその場で起こさせます。

1 min read

飛んでいるスイカが光線剣で叩かれるとき、私は唯一の満足のいく音があれば、Slice Saberという仮想現実運動ゲームの協力者がそれを見つけるでしょう。

このゲームのアルバータ大学の制作者と日本の仲間たちは、他の満足のいく騒音や視覚的、感覚的な効果とともに、音が座っている人たちが運動して楽しむことを望んでいます。

Slice Saberは バーチャルジム、健康従事者は、各ユーザーの能力に合わせた構成で高齢者のためのゲームなどの身体活動を提供する運動プラットフォームです。 Virtual GymはU of Aコンピューティング科学研究チームが率いる エレニー・ストルリア とVictor Fernandez エイジウェルネットワーク

ゲームをするために、参加者は6つの仮想世界の1つに入り、風船を飛ばす、山を登る、弓を撃つ、飛んでいる果物を割るなど、さまざまなストレッチと動きを行います。 このプラットフォームは、バーチャルリアリティヘッドセットを使用してプレイヤーのパフォーマンスを評価するゲームプレイデータを収集し、リアルタイムで各ユーザーの能力に合わせてゲームをカスタマイズするのに役立ちます。

Strouliaは、「私たちの場合、運動をすることができない高齢者と協力して、老化を避けるための優れた柔軟性、バランス、および活動レベルを維持する機会を提供します」と述べています。 「そして日本はカナダよりもずっと年上の人口を持っていますが、高齢者だけでなく若い大人にも適用したいと考えています.」

Strouliaはまだ開発中のプラットフォームを日本のリツマイカン大学の同僚と共有しました。 日本のリツマイカン大学は、大流行期間中に「exergames」に関心を持ち、これは島々に挑戦し、すべての年齢層の市民に孤立を高めました。

「私たちの日本の同僚は、人々が家に閉じ込められている可能性があるCOVID-19の流行の間に、特に関連している若い大​​人に仮想体育館をより楽しく動機づけることを提案しました。」

このグループは、プラットフォーム全体で音、視覚、触覚(タッチ)効果を試しています。 これには、スイカをカットしたときに音とユーザーのライトセーバーでカットしたときにスイカがどのように壊れるかについての物理学を改善することが含まれます。

研究者たちは多くの質問に答えることを目指しているとStrouliaは言います。 「この変化はゲームをもっと楽しくしますか? 人々はもっと長く遊んでいますか? 演奏が楽になりますか?」

このコラボレーションの起源は10年以上さかのぼります。 この関係は、2011年に大学のAデジタル人文科学教授であるGeoffrey Rockwellが、京都の立命館大学で日本のビデオゲーム文化を研究するために日本財団補助金を獲得し始めました。 ロックウェルは「そこにいる間、私たちは日本のビデオゲームへの対話を進化させる必要性について話しました。

U of AのPrince Takamado Japan Center for Teaching and Researchの助けを借りて、彼の訪問結果は2012年にエドモントンでシンポジウムでした。 成功したシンポジウムは年次会議に発展し、その後 Replaying Japan: 日本ゲーム文化国際会議。 最初は日本と西洋を交互に設計されていましたが、現在は世界中の研究者や旅行先が含まれています。

「3つのゲームコンソールメーカーのうち2つは日本にあります。 「主なエンターテイメント産業を完全に理解したいなら、日本を勉強しなければできません」

彼はこの関係の戦略的重要性がこれまで以上に明らかであると付け加えました。 カナダは、モントリオール、バンクーバー、トロント、エドモントンのゲームデザインスタジオの強みに基づいて、アメリカ、日本、イギリスを追いかけている最も多くのビデオゲームデザイン会社がある国の1つです。

このパートナーシップをさらに強化するための努力の一環として、Rockwell、Stroulia、およびFernandezは最近、日本を訪れたアルバータ大学のBill Flanagan総長に加わりました。 3月1日、FlanaganはRitsumeikan Universityに出席し、U of AのKule Institute for Advanced StudyとRitsumeikan Center for Game Studies(ゲーム研究に焦点を当てた日本唯一の学術センター)の間の覚書に署名しました。

フラナガンは参加者に、「日本とアルバータ大学の間の接続を拡大し、世界で最も緊急の問題に対する解決策を見つけるために一緒に働くことを願っています」と参加者に話しました。

U of AとRitsumeikan Universityのパートナーシップは、ロックウェルが財団を訪問するずっと前にさかのぼります。 2010年、両大学は訪問学生認定プログラム契約を締結しました。 それ以来、立命館大学の103人の学生がU of Aで勉強しました。 機関はいくつかの研究分野で協力し、現在まで16の出版物を共同執筆しており、Japan-Canada Academicのメンバーとして協力した歴史を持っています。 協会。 U of Aは、コンソーシアムのカナダ事務局として機能するPrince Takamado Japan Center for Teaching and Researchの本拠地です。

READ  核論争後「オッペンハイマー」来年日本公開 - 芸能
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours