UA ビルボード Japan Women In Music インタビュー – ビルボード

Estimated read time 1 min read

2007年から 広告掲示板のWomen in Musicイベントは音楽業界にかなり貢献し、女性の能力を強化し、今年の女性やその他の賞を受賞したアーティスト、プロデューサー、経営陣に敬意を表しました。 ビルボードジャパンは2022年に独自のWIMイニシアチブを開始し、一連のプロジェクトで音楽業界の様々な女性を出演しました。 一つは、業界の先駆的な女性を強調するインタビューシリーズです。

UAはシリーズの次のゲストです。 歌手はBillboard Japan Women In Music Vol。 3月3日ビルボードライブ大阪で開催される0イベント。 大阪出身の彼は、1995年のデビュー以来、1996年から大きな人気を集めた「Jounetsu」(「情熱」)をはじめとする数多くのヒット曲を発表し、今日アーティスト。 私生活では、彼女は4人の子供の母親であり、カナダに基づいています。 この50歳の歌手は彼のキャリアを振り返り、この新しいインタビューでキャリアとプライバシーのバランスについての考えを共有します。

子供の頃、どんな女性に憧れましたか?

UA: テレビで多くの人々を見たが、幼い頃はしばらく私を気遣ってくれた叔母のように、私と近い人々を唱えた。 彼女は面白くて魅力的で、彼女の存在は当時私にとって大きな助けになりました。

私がファンになった最初のアーティストはAretha FranklinとJanis Joplinでした。 私は10代の頃にArethaについて知り、彼女の声に反してレコードを集めました。 当時は情報が手に入らなかったので、彼女がどんな人生を送ったのか全く知らなかった。 私は彼女の声と歌唱力に強く惹かれて感心しました。 大祭りで彼女が歌う映像を見て映画館でジャニスに初めて会いました。 落雷でも当たったように衝撃を受け、その場で泣きました。

この2人のアーティストは、世界には舞台で歌う人、舞台で歌う人、2種類の人がいることに気づきました。 できれば舞台で歌う人になりたいという考えをし始めた。

だからそんなファン心は持っているが、その人々が本当に誰なのか分からないという気もする。 誰かのファンだが、その人の人物を心から尊敬すると言える人は本当にないと長い間考えてきた。

特定の人物でない場合は、理想型の定義はありますか?

人々は柔らかく日々簡単に変わり、現実の世界では完璧な人はいません。 だから受け入れる能力と聞く能力がある人々に会えば気持ちが良く、そうすることを楽しむ。 私が尊敬する女性のようだ。

家族、友達と一緒にいる時の自分自身と物事を表現するアーティストであるUAが向かう方向が違う。 だから個人として望む女性の姿とUAとして憧れる女性の姿は少し違うようです。

家の中の人と舞台の上のアーティストは異なる方向を向いている。 興味深い観察です。

過去27年から28年間、その2つの間で良いバランスを保つことがどんなものなのか気になっていましたが、まだ作業しているようです。

10代の頃、アレッサ・フランクリンとジャニス・ジョフリンのファンになり、歌手として舞台にデビューした。 1996年にヒットシングル「Jounetsu」が出て来て翌年初の子である(俳優)村上仁二郎を生みました。 それから2000年に浅井健一と一緒にバンドAJICOを結成しましたが、時間的にしか見ればとても多忙な時間だったと思います。 妊娠と出産があなたのキャリアにどのような影響を与えましたか?

そのように年代順に振り返ってみると明らかに激動の時期だった。 [Laughs] ところが私が事実は休むことにこだわるほうだからアルバムを出してツアーをしながら適当に休むことが許されたんです。 ずっと仕事ばかりすれば爆発するということを最初から知っていた。 ニージロが生まれた時はまだ幼くて3ヶ月ほど休んで、また仕事を始めたようです。

私は(ニージロの)新しい人生で、あまりにも純粋で、美しく、澄んだものを目撃しました。 また、ひどい事件(1997年日本で)が発生し、世界が急速に変化していることを感じました。 出産前に発表したシングルは「甘い」運命に任せたいという歌詞の歌「Amai Unmei」(「Sweet Destiny」)でしたが、出産後は鮮やかなディストピアの世界を歌いたかったです。 そこで「カナシミ・ジョニー」(「サド・ジョニー」)が誕生しました。

妊娠と出産の経験、その中に収められた時間が私にはプレゼントのようでした。 彼は私の最初の子供であり、子供を育てることは本当に難しいことでした。 ニージロに迷惑をかけたようで、今から彼に謝罪したいと思います。 とにかくその経験は、自分が子供のときに親になる練習を許されたのと同じでした。

誰かのキャリアが妊娠や出産で中断されると否定的な意味と解釈されることもありますが、その経験を肯定的に作用したプレゼントと表現するのが愛らしいと思います。 女性というのはUAに違ったやり方で影響を与えたのか?

生まれ変わっても女として生きたいと思うタイプだ。 今でも女なので歌えると思います。 男として生まれたら曲を選んでないかもしれないけど、前に男になったことがないから確かに言えない。 男は私にとってとても見慣れていて、私はパートナーから考えるトピックを絶えず提示しています。

しかし、あなたは少年を育てました。 その経験を通して共有できる発見はありますか?

4人の子供がいます。 一つは少女で、残りは少年です。 私は私の息子に「あなたは男です」や「あなたは年をとっているから」のような不合理な話をしないようにし、彼らが性別の代わりに人として何をすべきかを話そうとします。 しかし、私の女性に特別な共感があると思います。

先に女だから歌を歌うって言ったじゃないですか。 作家として、あるいは女性なので、日常生活で大変だった点はありませんでしたか?

いいえ、本当に。 理由はわからないが…。 そう感じたことはありません。 アーティストとしてラッキーだったと思います。 アマチュア時代もあまりなかったし、音楽に本格的に飛び込むやいなやデビューしたようで何も理解できなかった。 作品を作るたびにいつも悩みが多かったです。 負担感もあり、いつも震えたが向き合って勝ち抜いて白紙一枚を前に広げてまた曲を書いた。 今振り返ってみると選択の余地がなかった。 しかし、その過程でたった一回の間違いもしなかったようです。

2022年の年末ビルボードジャパンホット100チャートで上位100行為のうち58件は男性、27件は女性、15件はハイブリッドグループでした。 日本には素晴らしい女性アーティストが多いのですが、この結果についてどう思いますか?

女性アーティストの力量不足というよりは異性のファンである女性たちの力が強かったというのもこの結果を解釈する一つの方法ではないかと思う。 私の周りにも、何世代にもわたって自分の好きな人を支持しようとする推進力の強い女性がたくさんいるようです。

本当に興味深い試みです。 これまでに述べたことに基づいて、女性が音楽やエンターテイメント業界でより簡単に成功するには何が必要だと思いますか?

これは歌謡界に限られたものではなく、当分の間男女体の機能を変えることができない。 どのように生きるかを選ぶことができますが、持っている体の機能は選べず、変えも簡単ではありません。 人が(日本で)キャリアに応じて子どもを持たない理由は、子どもを産んで育てている間、政府は十分な支援と安全を提供しないからだと思います。 私は個人的に妊娠と出産を経験することができて嬉しかったです。 女性たちが「妊娠・出産=キャリア断絶」という考えよりも、このようなことを経験しながら、人生の次の段階に進むことができる制度があれば良いようだ。 これは歌謡界の問題ではなく国家的な問題だと思います。

平井リオ(SOW SWEET PUBLISHING)の今回のインタビューはビルボードジャパンに初登場した。

READ  Six Nationsにボーナスポイントが必要ですか? このRugby World議論を読む
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours