世界

UAE、3カ国に入国中断、ドバイ、旅行プロトコルの更新

カイロ、6月19日(ロイター) – アラブ首長国連邦(UAE)は、リベリア、シエラレオネ、ナミビアからの旅行者が、国内と海外の航空便で入国することを禁止します。 6月21日月曜日の午後23:59から国営通信社WAM一般民間航空当局(GCAA)の声明を引用して、土曜日に報道された。

GCAAはUAEに旅行し、その国に向かう乗り継ぎ便を除く乗り換え乗客も制限に含まれると述べた。

これらの国とUAE間の貨物便はいつものように続くと声明は付け加えた。

COVID-19の拡散を制限するために制限が導入されてと言いました。

GCAAは決定の免除はUAE国民、彼らの1級親戚、外交使節団、公式代表団、ビジネスジェット機(事前承認後)、金とは居住許可ホルダー、必須の仕事を働いている人が含まれると付け加えました。

免除対象者は、空港からPCR検査を受け、10日間強制的分離する必要があります。

これとは別に、ドバイの危機と災害管理の最高委員会は、土曜日UAE承認ワクチンを2回接種を受けた南アフリカ共和国から来た旅行者が、6月23日からドバイに入国できるようにすると発表した。

有効な居住ビザがあり、UAEの承認ワクチンを2回接種を受けたインドの出身の旅行者もエミレーツに入国することができます。

一方、ナイジェリアの旅行者は出発の48時間前に受験したPCR検査の音声のみを提示する必要があり、ドバイ到着時、別のPCR検査を受けることになるとWAMは付け加えました。

Nayera Abdallahの報告Mark Potterの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  とは外交官、野党の攻撃計画に有罪判決

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close