経済

UAEは今後、水素供給の可能性が高い

UAEは、エネルギー転換のゲームチェンジャーになることができる水素のような新しい燃料の可能性を探求しています。

日本とUAEが水素とアンモニアの分野の協力を通じて、国際サプライチェーンを構築することができると、日本最高と述べた。

日本の外相である鷲尾栄一郎(Eiichiro Washio)は、電子メールのインタビューで、「事実UAEは石油とガスだけでなく、明るい日差しも提供していますので、将来的に水素を供給する可能性が大きい」と言いました。 東京で。

専門家は、水素を二酸化炭素排出量の削減に大きく役立つことができる「未来のオイル」と呼ばれていました。 長官は、クリーンな水素の生産を強化しようとするUAEの努力に言及しました。

「ブルー水素」は、炭素排出量を捕集して保存したり、再利用するクリーンバージョンです。 最もクリーンなバージョンは、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー源によって生成される「緑」の水素で、最初に炭素排出を生成しません。

バンミョンにイルボンウンスソワアムモニアをゴングプハヌンギスルをモセクハゴイトスプニダ。 例えば、20MWの容量の太陽光発電で駆動される、世界最大10MWの容量の電解槽である水素を供給するために、昨年の福島県で稼働を開始しました。」とWashioは言いました。

燃料アンモニアと炭素リサイクルに関する協力覚書(MoC)も2021年1月、日本経済産業省(METI)とアブダビ国営石油会社(ADNOC)の間で締結された。

長官は「したがって、UAEと日本が協力することができる基盤があると思う」と強調した。

彼はCOVID-19大流行以来、経済回復計画の一環として、「いわゆる緑回復」が世界で勢いを得ていると指摘した。 和紙の “これに関連して、水素とアンモニアの分野で、日本とUAEの間の協力の可能性があり、国際サプライチェーンを構築するための努力を含む」と語った。

彼の発言は、UAEの水素生産に関する最新の開発と関連しています。

Abu Dhabi National Oil Company(ADNOC)の産業と先端技術部長官兼グループCEOのSultan Bin Ahmed Al Jaber博士は1月UAEが「ゲームになることができる水素のような新しい燃料の可能性を模索している」と言いました。 – エネルギー変換の変化」

Adnocはすでに現在の工業プロセスの一環として、年間約30万トンの水素を生産しています。」会社は、アジアとヨーロッパの市場の生存の可能性を模索しており、これらの市場が発展するにつれて、ビジネス・ケースを構築してUAEのBlue Hydrogenの主要サプライヤー」とAl Jaberが述べました。

1月17日Mubadala Investment Company(Mubadala)、The Abu Dhabi National Oil Company(Adnoc)とADQはAbu Dhabiを新興国際市場で低炭素緑、青水素の信頼できるリーダーとしての地位を確立するために、Abu Dhabi Hydrogen Allianceを開始しました。 彼らはまた、UAEで実質的な緑の水素経済を構築するために協力することです。

Mubadala、ADNOCとADQはまたAllianceによって開発されたプロジェクトのために、国際市場へのアプローチを調整されます。

日本の大臣は、自分の国が現在の最大の現実的かつ安定した再生可能エネルギー導入のための具体的な計画を開発するために努力している続けました。

彼は「日本は2050年までにカーボンニュートラルを達成するという意志を宣言しており、再生可能エネルギーの最大導入を中心に、エネルギー変換のための意志を示しました」と言いました。

彼は1月にアブダビで事実上開催されたIRENA(International Renewable Energy Agency)の第11回総会で世界の持続可能な開発を加速するための年次世界的イベントであるADSW(Abu Dhabi Sustainability Week)の一環として、著者:Masdar。

日本は、柔軟性の確保、全体電力システムの総コスト評価、蓄電池とモータに使用される鉱物資源の確保、太陽光パネルの大量廃棄処理などの発展に関連する重要な問題を扱っています。 長官は、2030年代に問題を説明した。

彼は「日本は技術と革新を通じて、これらの問題を解決することにより、世界脱炭消化努力を主導する」と強調した。

日本の-UAE参加:コロナ19による過酷な状況でも、日本とUAEは指導部と相の間を含む、さまざまなレベルでの電話の会話やオンライン協議を進めており、これにより、協議を通じて協力を強化しています。 Washioは、様々な分野のCSPI(Comprehensive Strategic Partnership Initiative)を指摘しました。

彼は2020年7月、日本種子島宇宙センターから始まったUAEの火星探査機(希望プローブ)と2020年8月に発効された投資促進と保護のための二国間協定を例にしました。

長官は「来年韓米両国修交50周年を控え、私たちは、相互の関心分野で両国関係をさらに深化させる」と述べた。

あなた

READ  どこ変わった! ? ホンダN-BOXがマイチェン! 日本一売れている軽の変化を写真でサクサクチェック! (MOTA) - Yahoo! ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close