Uniqloオーナー、史上最大第3四半期の利益記録、中国回復の見通し

Estimated read time 1 min read

東京、7月13日(ロイター) – 衣料品小売業者であるユニクロの日本の運営会社であるユニクロは、木曜日史上最大の第3四半期の利益を報告し、中国での事業が大流行鈍化から引き続き回復するにつれ、年間の見通しを上方修正しました。

フリースジャケットと安価な基本製品で有名なファストリテイリング(9983.T)は、中国本土に日本より多くの925個のユニクロ店舗を保有しており、近年厳しいコロナ19規制で打撃を受けた小売市場のリーダーになりました。 。 。

その結果、これまで最大の海外Uniqlo部門である中国で強力な形に復帰したが、国内市場でも円安がマージンを浸食しており、消費者が価格引き上げに非常に抵抗する市場であることを指摘した。

岡崎武史最高財務責任者(CFO)は実績ブリーフィングで「中国の消費者需要が(コロナ19危機以降)強く回復しているようだ」と話した。

中国事業は第2四半期末にターンアラウンドを開始し、本土の既存店舗の売上が40%増加した第3四半期に加速しました。 Okazakiは、会社が下半期にこの地域で記録的なパフォーマンスを期待すると述べました。

Fast Retailingの5月までの3ヶ月間、営業利益は35%急増した1,103億円(7億9,700万ドル)で、Refinitivが調査した7人のアナリスト予測平均である1,024億円を超えました。

同社は年間利益見通しを以前の3600億円から3700億円に上げ、やはり新記録を立てました。 アナリストらは3630億円を予想した。

2023年1月11日、日本東京のあるカジュアル衣料品店にファストリテイリングのユニクロ看板が並んでいる。 REUTERS/Issei Kato/File Photo

ファストリテイリングの株価は今年、これまで30%急騰し、創設者の柳井忠が日本最高金持ちの座を固くすることに一助した。 同社の株価は、世界で最も熱い株式市場の1つであるベンチマークNikkei(.N225)の24%上昇を上回りました。

Fast Retailingは、Forever 21と複数のInditexが所有するブランドが最近数年間撤退してきたが、Gapなどの他のブランドが困難になっている中国の中型市場の衣料品市場でよく行く海外企業のますます珍しい事例となっています。

中国では、Uniqloの主要な競合他社であるNanjirenは、同様の方法で保温衣類と下着を販売しています。

中国が過去数年間にわたって長いファンデミック抑制に苦しんでいる間、ファーストリテイリングは北米とヨーロッパの事業にもっと集中してきました。 これらの地域は第3四半期にも引き続き強勢を見せたと会社側は明らかにした。

ユニクロは2月現在、北米地域に61店舗を保有しており、今夏、米国に4店舗、カナダに2店舗を追加し、2027年までに200店舗を確保する計画だ。

日本では第4四半期の売上高は改善されていますが、円安に伴う商品コストの上昇により利益が予想より低かった。 日本の一部の商品の価格は引き上げられるべきですが、限られているとOkazakiは言いました。

「日本では依然として値上げはやや難しい」と彼は言った。

($1 = 138.8100円)

報告:東京Rocky Swift、中国Casey Hall。 Stephen Coates、Tom Hogue、Kim Coghillの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

主に日本の制約、小売、ニュース速報を報告します。 以前は、米国国務省とブルームバーグニュースで働いていました。 New College of FloridaとUniversity of Hawaiiの卒業生。 元ポインタとJAIMSフェロー。

READ  日本自動車メーカー日産、販売急増で利益92%急増
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours