Universal Hydrogenが日本航空に環境に優しいソリューションを提供

Estimated read time 1 min read

米国に本社を置く会社であるUniversal Hydrogenは、 日本企業と提携 日本の航空会社のための環境にやさしい水素供給と物流ソリューションを研究開発します。

日本のソージッツ、三菱HCキャピタル、および未公開の第三の日本パートナーとの提携は、近い将来に日本航空が水素動力航空機の使用を拡大するのを助けることを目指しています。

Universal Hydrogenの共同創設者兼CEOであるPaul Eremenkoは、次のように述べています。 日本もそんな市場の一つだ。

「当業界のグローバルリーダーである日本のパートナーと共に、私たちは航空用水素インフラソリューションを構築するための強力な同盟を築きました。

「私たちの2人の投資家であり、パートナーであるSojitzとMitsubishi HC Capitalが、これらの共同努力を通じて私たちの使命にもっと献身することを歓迎します。」

パートナーシップに基づいて、会社は地元の水素サプライヤーを特定して評価します。

また、水素生産、水素モジュールの充電、モジュール配送作業のためのパートナーに焦点を当てます。

コンポーネントメーカーとサプライヤーはまた、国の政府機関や見込み客と協力してこの協力の下で連絡を取ります。

また、パートナーは、Universal Hydrogenのパワートレイン変換キットとモジュラー水素カプセルの資金調達オプションと一緒にマーケティング戦略とリースを行う責任があります。

三菱HCキャピタルグローバル航空事業部長であるオサム村本氏は、「グリーン水素供給と物流のための長期的なソリューションの構築と保証は、日本の航空業界が水素を脱炭化対策の1つに統合しようとしているため、克服すべき最大の障害です。

「これらの航空会社の多くは、脱炭素化の重要性と緊急性をすでに知っています。 インフラストラクチャ、コスト、および供給の問題を解決するには、包括的なソリューションが必要です。

READ  日本、AUKUS軍事技術協定加入の検討対象
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours