経済

UPDATE 1-日本のワクチン長官、5月に接種を加速

(引用、詳細を追加)

Rocky SwiftとElaine Lies

日本のワクチン大臣河野太郎(Taro Kono)は月曜日、日本のコロナウイルスの予防接種率は、5月に加速されるだろうが、7月に開始される東京オリンピックは、スケジュールに影響を与えなかったと明らかにした。 。

シュガー義久に首相は7月23日、東京オリンピックが始まる前の6月までの1億2,600万人の国民に十分な投与量を提供することを約束しました。 欧州のPfizer Inc. 工場での供給が少しずつ増加しているが、今後数ヶ月以内に加速することが予想されます。

Konoはインタビューで、「5月から供給にボトルネックがないだろう」と述べた。 正式に行政改革を担当した大臣であるKonoは1月に日本のCOVID-19の予防接種の推進を導くために盗聴された。

彼は5月に毎週1万個のワクチンを迎えることができると予想したが、日本人の大多数が延期またはキャンセルしなければなら言っオリンピックが彼のスケジュールに影響を与えなかったと付け加えた。

日本は先月、ほとんどの主要経済国よりも遅れてワクチン接種キャンペーンを開始し、輸入されたファイザーワクチンに依存しています。 AstraZeneca PLCとModerna Incが開発したショットは、現在、現地規制当局の承認を待っている。

KonoはAstraZenecaワクチンが「近いうちに」承認されると言いながら、その決定は、保健省にかかっていると付け加えた。 AstraZenecaワクチンを国内で作成すると、欧州連合がそこから作成されたワクチンの輸出を制限するために使用した “透明性のメカニズムについて心配」ありません。

Konoは「日本でワクチンを製造する人がいる場合は、私の頭痛が半分に減るだろう」と述べた。

金曜日の基準で、日本で780,000人を少し超える人々(ほとんどの医療従事者)が、少なくとも一度のワクチンを迎えました。

日本は他の場所で見ることができる最悪の大流行から脱出したが、最近の事例が再び増加し始めて、いくつかの管理者は大流行の可能性」4次波 “への懸念を呼びました。 これらの懸念に加えてNHK国営TVが引用した報告書は、国の予防接種率が事例の増加に追いつかないことがあると警告しました。

Konoはワクチンが症状を予防しながら、人々が単独で依存してはならず、マスク着用と手洗いのような予防措置を維持する必要があると述べた。

首相候補として世論調査でよく、1位を占めたが、Konoはいつ就任するかについての質問を避けた。 今年後半に総選挙を行わなければならいます。

「今私は私の仕事をしている」と彼は言った。 (ロキスウィフトジャーナリスト、エレイン嘘編集ギムチャンラン、サム・ホームズ記者)

READ  Logicool G、PC、PS4量対応の新型ステアリングコントローラを9月17日、国内発売。 PS5への対応も予定

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close