トップニュース

UPDATE 2-日本の消費者価格が下落を延長して、携帯電話料金が削減されます。

*全国3月に主要CPIはf’castと一致する年間0.1%下落

*エネルギーコストの上昇に重要なCPIの下落速度減少

*政府は、4月CPIの格安携帯電話料金制を統合します。

* BOJは、次の週のレビューでインフレf’castカットを見ました(ブリーフィング詳細に再放送、携帯電話料金引き下げの影響)

東京、4月23日(ロイター) – 日本の主要消費者物価が3月8ヶ月連続下落し、アナリストらは、携帯電話料金の引き下げによる負担のために追加の下落を控え、中央銀行がインフレを高めるための大規模な刺激策を維持しなければならないという圧力を受けている。 。

新しいCOVID-19感染の急増と、日曜日から三番目の緊急事態を宣言しようとする政府の計画は、すでに弱い消費を打撃してインフレを加重させ、脆弱な経済回復を妨げる可能性があります。

石油製品を含むが、変動性が高い生鮮食品価格を除いた全国の主要消費者物価指数(CPI)が前年3月に0.1%下落した政府のデータが金曜日に発表し、中央市場の展望と一致した。

ここ数カ月の間に強力なグローバル経済の回復への希望が原油価格を上昇させたため減少率は、主にガソリン価格の反騰により、2月の0.4%から鈍化しました。

Capital EconomicsのエコノミストであるTom Learmouthは「インフレは、主にエネルギーインフレの追加上昇により3月にも反発しました。

「ワクチンが、いくつかの抑圧された需要が放出されるようにすることにより、感染症の第四波が制御されると、根本的なインフレがもう少し上昇するだろうと思います。」

昨年のエネルギーコスト急減の基底効果がCPIを裏付けることができますが、これは4月からのデータに統合される主要通信事業者の携帯電話の料金引き下げで相殺されることがあるとアナリストは言う。

政府関係者は、ブリーフィングで、携帯電話の料金がオンライン申請のみ受付する計画の場合は特に、より割安であり、これは4月からCPIデータに統合されることが予想されると明らかにした。

政府は、携帯電話料金の引き下げがCPIにどのような影響を与える可能性があることを明らかにしないが、アナリストは、コア指数を最大0.6%ポイントまで下げると予想します。

BOJは予想される手数料引き下げを部分的に反映して、次の週の金利見直しで新たな四半期予測を発表したときにインフレ予測を引き下げると予想されます。

手数料の低下は、家計に、より多くの購買力を提供することができますが、基本的なインフレの安は価格が引き続き下落という国民の意識を転換して、消費者を貯蓄より今の消費するように誘導しようとするBOJの努力を妨害することができます。

日本経済は、昨年コロナ19による深刻な不況から徐々に回復している。 しかし、活動は1〜3月に萎縮することが予想され、新たな緊急抑制のために消費が悪化により、現在の四半期のみ緩やかに反発することができます。 (Leika Kiharaジャーナリスト、Kim CoghillとSam Holmes編集)

READ  1200年にピークを迎えた日本の桜

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close