USBポートと速度について知っておくべきこと(2024)

1 min read

名前自体、Universal Serial Bus(またはUSB)は野心的な約束です。 すべてを支配する1つのポート。 残念ながら、現実はそれよりも厄介です。 今日では、携帯電話、タブレット、ノートブックはすべて充電とデータ転送に同じUSB-Cポートを使用しますが、すべて異なる動作をすることができます。

USB4とは何ですか? Thunderboltとは何ですか? USB-Cと同じですか? 私はあなたがあなたのデバイスで最高のパフォーマンスを得るためにすべての質問に答えるためにここにいます。

無制限のアクセスでパワーアップ 熱狂 無視するには非常に重要なクラス最高のレポートを取得します。 2.50ドル 1年間の月1ドル。 無制限のデジタルアクセスと排他的な購読者専用のコンテンツが含まれています。 今日購読してください

ストーリーのリンクを使用して何かを購入すると、手数料を受け取ることができます。 これは私たちのジャーナリズムを支援するのに役立ちます。 詳細をご覧ください。

USB用語集

まず、いくつかの用語を事前定義することが重要です。

USB 2.X/USB 3.X/USB4

すべてのUSBデバイスは、USB仕様の一部のバージョンに従って製造され、次のように管理されています。 USB実装者フォーラム(USB-IF)。 これらのバージョンは、主に送信できるデータ量と提供できる電力量によって特徴付けられます(少なくとも、これらはあなたが気にする必要がある主な事項です)。 これらのデバイスのほとんどは、同じタイプのポートを使用する限り相互運用できますが、チェーン全体がチェーンの最も遅い部分に収まります。 コンピュータのUSB 3.2ポートにUSB 3.2ソリッドステートドライブを差し込みましたが、USB 3.0ケーブルを使用したとします。 データはUSB 3.0速度でのみ転送されます。 チェーン内のすべてのリンクが必要な速度に合わせて定格化されていることを確認してください。

USB電源(またはUSB-PD)

所有しているすべてのデバイスに充電器を運ぶ代わりに、複数のデバイスに電力を供給できる充電アダプタを選択することもできます。 複数のUSB-C電源を介して (USB-C PD)ポート. Power Deliveryは最大240ワットの電力をサポートする高速充電方式で、ガジェットが充電器と安全に通信して正しい電力要件を整理できます。 USBハブでもこの種のポートを見つけることができ、時には「パススルー充電」とも呼ばれますが、公式用語ではありません。

充電アダプタまたはハブのUSB-Cポートワット数がデバイスに必要な電力を処理できることを確認してください。 MacBook Proは一般的に強烈なワークロードには96ワットが必要ですが(より低いワット数でも充電可能) 100ワットUSB-Cポート 最適な充電環境のために、充電アダプターまたはUSBハブに接続してください。

USB-CおよびUSB-A

これらの用語は、デバイスのコネクタとポートの物理的な形状を指します。 USB-Cは一般的で、小さくて細長い楕円のように見えます。 また、反転する可能性があるため、間違った方向に接続することはできません。 USB-Aは長年見た古い長方形のポートです。 はるかに多くの種類のUSBコネクタしかし、今日の充電アダプター、ハブ、ドッキングステーションで最も一般的に見られる2つは、2つのことです。

スーパースピード

また、「SuperSpeed」、「SuperSpeedPlus」、「SuperSpeed USB 5/10/20 Gbps」などの用語でマーケティングされている一部のUSBデバイスも表示できます。 これらの用語は次のとおりです。 もともとはもっと役に立つでしょう。USBポートの世代や速度を示すマーケティング可能なラベルがありますが、残念ながら、それは状況をより混乱させるだけでした。 ほとんどの場合、これらのラベルを無視して実際の速度評価を見ることができます。

USB世代はどのように進んでいるのか?

USB 3.2ケーブルを使用してUSB 3.2デバイスをUSB 3.2ポートに接続し、すべてが機能していると信じることができればいいでしょう。 残念ながら、それよりはるかに複雑です。

2008年にUSB 3.0が登場したときの最大速度は毎秒約5ギガビット(Gbps)でした。 しかし、2013年の最大速度が10GbpsのUSB 3.1が出た時、5GbpsバージョンはUSB 3.1に名前が変更されました。 第一世代、 新しい、より速い仕様はUSB 3.1でした。 第2世代。 まだ混乱していますか? まあ、もっと悪くなります。

2019年にUSB 3.2がリリースされた後、5Gbps USBがリブランド化されました。 再び 「USB 3.2 Gen 1」では、10Gbpsバージョンは「USB 3.2 Gen 2」となり、新しい20Gbps仕様はUSB 3.2 Gen 2×2となりました。 待って、なんですか? 「2×2」は、2つの10Gbpsデータレーンを同時に実行することを意味します。 これらすべてを知る必要はありません。 多くのUSBハブとドッキングステーションのメーカーが名前、ラベル、記号をあきらめました。 彼らはポートの隣に最大速度を直接印刷し始めました。

READ  Pokémon YouTuberは自分のカードをGameStopに売り、混乱しています。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours