理科

UTEC、ディープテック創業者が作業を商業化することができるよう支援する新たな取り組みを開始 – TechCrunch

東京大学Edge Capital Partners (UTEC)はベンチャーキャピタルファンドが多くディープテック創業者が直面している問題を解決するために、新しいプログラムを開始しました。 彼らはインキュベーターまたはアクセラレータプログラムで事前シード資本を調達することができますが、初期の段階のラウンドに移動する前に、資金不足に到達します。 財源がなければ、いくら有望な技術でも商用化するために時間がかかります。

東京大学や他の学術機関と連携した独立ベンチャーファンドであるUTECは UTEC創業者プログラム (UFP)、その格差を解決します。 柔軟な条件で、最大100万ドルを投資する株式の6ヶ月ごとに受益者に約$ 50,000(または場合によっては最大$ 100,000)の希釈されていない寄付金を提供します。

UFP「s アプリケーション 世界中のどこからでもディープテック研究と創始者に開かれています。

UTECは5月に2億7,500万ドルのファンドを発売しており、一般的に、約100万〜500万ドルの最初の小切手を発行します。 管理している総資産は約7億8,000万ドルで、同社はUTECを科学技術企業のための日本最大のベンチャーキャピタルファンドであり、アジア最大のディープテックファンドのいずれか作っていると言います。

ディープテック研究員と起業家からのフィードバックを受けた後、ファンドのパートナーは、潜在的に影響力のある技術を開発したとしても、シード資金調達のためにすぐに準備ができていないことを悟りました。 多くのチームはまた、長い実写プロセスを待たずに商業化のために技術を継続準備するために、迅速な資金支援を受けることができます。

メールでUTEC校長とUFP責任者Hiroaki KobayashiとKiran MysoreはTechCrunchに次のように言いました。 技術の研究者と企業家。 UFPは15年以上の深さの技術投資の経験と学習を初期段階の技術の商業化の取り組みに反映するUTECの試みです。 “

株式トラックは、主にシードとシリーズA以前スタートアップのためのものでありSAFE紙幣、KISSとJ-KISS(Keep It Simple Securityの日本語版)、転換社債および債券または普通株式のような柔軟な投資条件を提供しています。 24時間365日サポートを受けており、合格者に限って3日以内に1次面接を実施します。 Mysoreは全体実写と投資委員会のプロセスが最初のインタビューの後、4週間以内に完了されると言いました。

補助金のトラックはプレリリースまたは初期段階のスタートアップを対象とした資金はプロトタイピング、市場テストと採用などの操作に使用することができます。 申請書は、6ヶ月ごとに開かれて、毎回約5チームが選択されます。 1次サポート期限は7月31日であり、決定は9月に行われる。

UFPに参加するディープテックチームは115以上の日本およびグローバルスタートアップ、学術機関、政府機関や企業で構成されUTECのネットワークにアクセスすることができます。

READ  アルマ望遠鏡による金星観測データの一部再分析を終えて公開される| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close