経済

Valorant、LoLなどのためのパーソナルトレーナーと一緒に日本初の「Esports Gym “オープン

世界初のeスポーツ中心の「体育館」が日本で開かれValorant、League of Legends、Rainbow Six:Siegeなど競争プレイヤーに技術を磨いて、高レベルの練習をすることができる機会を提供しています。

単にEsports Gymと呼ばれるこの新しいベンチャー企業は、一般的なPCのカフェと似ていますが、現地のチームとのパートナーシップを通じて、人々に一対一のコーチングセッションを提供することができるオプションを提供しています。

これは、他のプレイヤーのチームを収容することができるメガ構造にはならないでしょう。 代わりに、東京メトロとGeshipiの協力は、人々が参加することができる小規模な教育に焦点を当てています。

Esports Gymは、日本のにぎやかな列車システムの中心部近くにあり、東京メトロをパートナーにしてチームは、選手とコーチが施設と接続するには良い場所になることを希望します。

日本の新しいEsports Gymには何がありますか? 詳細と価格

PRタイムズ

日本初のeスポーツジムはValorant、League of Legendsなどの選手を助けることです。

現在の店には12台のPCのみインストールされており、企業は、小規模教育環境に一層重点を置いてプレイヤーに焦点を当てています。

体育館には、リーグ・オブ・レジェンド、Valorant、Rainbow Six:Siege、Identity VとPuyo Puyoの5つのタイトルがあります。 IGN Japanによると、彼らは彼らの製品を拡張しようとします。

月に5,500円(約$ 50 USD)のメンバーシップは毎日最大3時間使用することができます。 1日のセッション – ツー – セッションプログラムは、野心的な専門家に1,430円(約$ 13 USD)を返すことです。 追加2750円(25米ドル)で提供されるすべてのタイトルに特定の教育を受けることができるオプションもあります。

Esports GymはCrest Gaming、Glory be esportsとJeSUのような組織のメンバーがメンバーを案内します。 プロになるための直接パスは、Crest Gamingを通じて、特定のオンラインコースを通過したプレイヤーのためのカードにすることができており、これは3ヶ月ごとに開催されるトライアウトにつながることができます。

スポーツジムの
PRタイムズ

Esports Gymは規模が小さく、eスポーツのトレーニングセッションに重点を置きます。

日本は多くのeスポーツは、主にFGCタイトルで豊かな歴史を持っているが、これは他のゲームでローカル才能を育てることができる良い方法になることがあります。

すべてが順調に進めば、Esport Gymは5月19日一般大衆にドアを開けて、日本の次世代の偉大なeスポーツの専門家を養成することを期待しています。

READ  シャオ米 "Miスマートバンド5」や2490円全体の無線イヤホンなど一挙日本の発売 - Engadget日本版

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close