スポーツ

Vincent Zhouの怪我は、オリンピック海に適切な時期に来る

Vincent Zhouはより良いタイミングを持つことができませんでした。

彼のジャンプとスピン、フットワークは特に重要ではありません。 エリートフィギュアスケート選手なら、これらすべてが正しいはずです。 彼がおそらく彼のキャリアの中で最高の成果を上げるためにすべてを集めたとき、さらにそうです。

Zhouは、10月のスケートアメリカで6つのグランプリシリーズイベントのうち、最初に2月の北京オリンピックにつながる大会でほとんどすべてを釘付けにしました。 昨年のオリンピック以来、一度も敗れなかった3回の世界チャンピオンであるNathan Chenが出場したとしても、Zhouはまだ勝てるほどの実力に優れていました。

今週末、日本のNHKトロフィーをはじめ、今後数週間、Zhouにとってこのショーは重要なショーになることができます。

Zhouはスケートアメリカについて「狂った。彼はまた、NHKトロフィーでフィールドにいる2018年オリンピック銀メダリストである日本の宇野翔馬を倒しました。 Zhouは平昌で6位を獲得しました。 「振り返ってみると、ショートプログラムが終わった後の機会を活用できたことと、状況がどのように進められたのか、本当に幸せだと思います。 スケートアメリカで優勝すればグランプリ決勝戦進出資格が得られることに気づきました。 これは素晴らしい景色です。

「それでもその時間は本当に早く過ぎます。 イベント間の時間はそれほど長くありません。 大きなイベントがあるたびに感情的にも肉体的にも大きな打撃を受けることになりますが、あなたも知らないうちに次の大会です。

それにもかかわらず、今週末の強力な仕上げで、ZhouはChen、Uno、そしてもちろん2014年と2018年のオリンピックチャンピオンであるYuzuru Hanyuと一緒に北京でメダル競争相手のトップレベルに上がります。 羽生は右足首怪我でNHKトロフィーから退かなければならず、日本国籍を獲得するまで再出場できない可能性があります。

Zhouは、オリンピック賞のための強力な競争を容易に認識しながら、旅に集中する必要があることも知っています。 去る3月に彼は世界選手権大会でショートプログラムから離れてフリースケート資格さえ備えていなかったため、さらに重要です。 そのため、彼はアメリカの第3男オリンピック出場権を確保するためにNebelhornトロフィーに参加し、クラッチパフォーマンスでNebelhornに勝った。

Mie Hamada、Tom Zakrajsek、Drew Meekinsのコーチと振付師Lori Nicholが所属する21歳のZhouは、「私と私たちのチームが最初にしたことは、座って分析を始めることでした」と述べています。 「私たちは、すべての変数と要素を確認し、可能な限り定数に切り替えるためにそれぞれを解決するために、詳細な項目別の実行計画を立てました。

「私は悲惨さの中で唱えるためにあまりにも時間がかかりませんでした。

今まではそんなに良くなった。

ブラウン大学を休学したZhouは、必要なクワッドセットを含む常にジャンプしました。 2019年世界大会で銅メダルを、ナショナル大会で銀の3つの銀メダルを獲得するなど、彼の履歴はかなりしっかりしていますが、彼は常に競争で優勝したわけではありません。

スケートアメリカでは、彼はすべてを持っていました。 彼はスコット・ハミルトンに深い印象を与え、フィギュア・スケート・アイコンが朱に対する賞賛を注いだ。

「Vincentがスケートアメリカを見つめる方法は世界最高でした。 彼は素晴らしかったです。」とハミルトンは言います。 「これらはすべて素晴らしい才能であり、誰がそれを置き、誰が最も多くのスコアを集めることができるかによって異なります。 彼が垂直を保つことができれば、彼は世界のどれでも勝つことができます。」

ハミルトンが噴出している間、Zhouはそのような言葉で顔を赤くすることができました。

Zhouは、「私は明らかにその声明を真実にしたいという動機が与えられており、スコットの言葉を光栄に思っています」と言います。 「私の考えには積極的な考え方があり、その言葉が真実だと信じたいのですが、その基準に達する前に整理して改善できるものが多いことを知っています。 私はそれができると感じ、可能性を感じます。 それは本当に私がスケート場に行き、すべてを再開したいと思います」

___

その他のAPスポーツ:https://apnews.com/hub/apf-sportsとhttps://twitter.com/AP_Sports

READ  イギリス、不安、日本のエリザベス女王空母披露

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close