Vitolは東京事務所を通じて日本電力市場への参入を検討しています。

Estimated read time 1 min read

商品貿易会社であるVitol Groupは、日本の電力を取引するために東京に事務所を開設することを検討しており、これにより日本は急速に成長する電力市場に加わろうとする最新の外国企業となりました。

この問題に精通した情報源によると、Vitolは日本に国内事務所を設立するなど、物理的な電力を取引するオプションを探しています。

同社はまだ計画を議論しており、戦略やスケジュールについてはまだ決定を下していないと匿名を要求した関係者は述べた。 詳細は非公開で、審議が進行中です。

Vitolのスポークスマンはコメントを拒否した。

2016年自由化された日本の電力市場は、化石燃料の脱皮、気象異変、原子力再稼働などで変動性が大きくなり、海外企業をより多く誘致している。 BPとEngieは昨年東京に日本電力トレーディングデスクを開設しました。

最も人気のある取引所である欧州エネルギー取引所(European Energy Exchange)の日本電力デリバティブ取引量は、1月に前年同期比357%増加しました。

また、円安と低金利により、日本の株式や不動産市場への外国人の関心が高まり、これはより広い傾向の一部でもあります。

世界最大の独立石油トレーダーとして知られているVitolは、10年以上にわたり世界の電力市場で活発に活動してきました。 同社や他の企業は、エネルギー価格の上昇に貢献した戦略についてイギリスで調査を受けています。

日本では、企業が電力小売事業を運営し、物理電力市場に参加するには貿易部の許可を得なければなりません。

電力先物契約は政府の承認を必要とせず、海外で簡単に処理できます。 Vitolはすでにシンガポールで日本の電力ギフトを取引しています。

READ  ガーナ・日本、両国間貿易改善の促し
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours