技術

VMware、APACおよび日本のVP兼最高技術責任者でGuru Venkatachalam任命

VMware、Inc.は、アジア太平洋地域と日本の副社長兼CTOでGuru Venkatachalamを任命した。 この役割を実行する前にVMwareクラウドアーキテクチャのCTOでした。

Guruは、顧客やパートナーとの信頼できるパートナーシップを構築し、戦略的優先順位に合わせてソリューションを提供するために、アジア太平洋地域と日本でVMwareの努力をリードしています。 彼はまた、同社のクラウド、アプリの近代化、ネットワーキング、セキュリティ、およびデジタルワークスペースプラットフォームをさらに発展させるために重要な役割をすることです。

IT分野で28年以上の経験を持つGuruは、金融サービス部門での深い専門知識を保有しており、ここでいくつかの大企業の技術革新とエンドユーザーコンピューティングの技術革新をサポートするグローバルエンジニアリングチームをリードしてきました。

VMwareのCTOであるGreg Lavenderは任命に関連して、「Guruは、アジア太平洋地域と日本で大規模な技術革新をリードしてCXO参加を拡大した巧妙な業界のリーダーです。 この地域では、顧客やパートナーの参加を誘導し、企業が最新のアプリケーション、クラウド、デジタルワークスペースとセキュリティを介して革新できるようにサポートしているAPJのCTOの役割を引き受けることになって嬉しいです。」

「企業は、新しい作業方法、技術革新とデジタル技術革新を提供する方法で迅速に適応しました。 今、彼らは投資リスクを管理しながら、このようなことを迅速かつ大規模に行うことと、より多く期待されています。 私は、この新しい役割では、顧客やパートナーと協力して、技術ロードマップを完全に実行することを期待します。」とGuru Venkatachalamは言いました。

Guruの任命は、VMwareのアジア太平洋および日本の元副社長兼CTOのBruce Davieが引退した後です。

詳細(インドインターネット広告、インターネット広告、インドの広告、インドのデジタル広告、インドのメディア広告)

より多くのアップデートのために私たちと社会的に接続してください。
WhatsAppインスタグラムLinkedInツイッターフェイスブックYouTubeの

READ  ソニー、「人気のある」PlayStationゲームフランチャイズを携帯電話に導入

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close