VNL:日本の宮浦がアメリカとの試合時間を最大限に活用

1 min read

日本代表チームの宮浦健人。

VNL

フィリピン・マニラ – 日本のケント宮浦は、今週の怪我をしたスターのためにさらに一歩進んだ。

日曜日に米国代表チームに対して相手に連続勝利を収め、日本代表チームで最高得点を記録した宮浦は、彼と残りの日本のスパイカーたちが来週VNL決勝戦だけでなく、次の大会を準備しているので役に立ったと語った。 今後の2024年パリオリンピック。

5セットのカムバックとスイープによる2回の対照的な勝利で、25歳のこの選手はパリでも持ってきたい技術を披露しました。

「過去の試合は非常に難しい試合でしたが、私たちが勝ったので、この経験は [will help me] オリンピックで」と話した。

彼の詩的な適切な貢献は、怪我のために最終予選で高橋蘭と西田悠二を失った日本の核心でした。

それにもかかわらず、宮浦は落ち着きを維持し、フィリピンのファンから受けた支持に感謝しました。

「今日は私が得点王を占めましたが、時には難しい瞬間もありますが、解決策を見つけようとしました。 スパイクをしながらミスが多かったのに… 優勝して嬉しい」と話した。

「フィリピンのファンが私たちを何度も押し付けています。 また、フィリピンのファンはバレーボールが大好きです。 とても良い雰囲気を作っています。」

アメリカとの試合では、12,000人以上のファンがモール・オブ・アジア・アリーナ(Mall of Asia Arena)に集まって競技を生中継し、ファンはファンゾーンで熱い歓声と応援で家にいるような気分を感じた。

3週目の終わりに、宮浦と龍神日本の残りの選手たちはVNL決勝戦、さらに重要なのは夏季オリンピックに焦点を当てます。

以前の東京オリンピックでは、日本は男子トーナメントで7位を獲得しました。

READ  Daizen Maedaは、ストライカーがParkheadで使用する日本の義務のゴールキーパーのトリックを公開するにつれて、Celticライバル警告を解雇しました
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours