VOX POPULI:「和쇼ク」との愛は減るシミが見えない

Estimated read time 1 min read

作家ムコダ・グニコ(1929~1981)は旅行が好きだった。 彼女が北アフリカから日本に戻ったとき、彼女がバースラックに行った最初の食事は「ノーリベン」でした。 お弁当箱に入れた「かつおぶし」 かつおしフレークの上に白いご飯をのせ、醤油と「キム」乾燥食用海藻をのせたのです。

お弁当とともに、武田は「玉子焼き」和風オムレツや豚生姜料理も作りました。

彼女のエッセイ「くらわんか」(文字通り食べたいですか?)を読んでくださると、ごめんなさい。 彼女の名物である「キム・スイ」は、梅干し、わさび、細かいキムが入った器に熱い「玉島」スープを注ぎます。

海外で数日間食べ過ぎた後は確かに日本食が食べたくなります。 そして西洋料理に慣れていなかった昔の人々には、懐かしさがより大きかったと確信しています。

1860年、米日守護通商条約を批准するために派遣された日本初の使節団員だった村垣紀正(1813~1880)は、日記にこう書いた。 故郷には味噌汁とうなぎを食べる楽しさがあります」

私は「和쇼ク」(伝統日本食)の究極の本質は昆布や葛飾などの材料で作られた「再」スープにあると信じています。 そしてこれは現在、東京国立自然科学博物館で開催中の特別展「和쇼ク:日本料理に盛られた自然と文化」を通じて立証されました。上野地区。

日本が再建に適した理由の一つは、水が柔らかいからです。 水が硬水であると、ミネラル含有量が高くなり、再び抽出を妨げます。

一方、硬水は材料の形を維持し、流れるのを防いでくれるので、チゲを作るときより良いと言われています。

日本茶の味を最大限に引き出すためには、研修が理想的です。 しかし、味がよく楽しむ紅茶には軽水がより良いです。

水の質と食文化は不可分の関係にあります。

Dashiは、軽さと健康上の利点のために海外で急速に人気を得ています。 近年、多くの英語ユーザーが「再びスープ」という表現に慣れており、これを「魚汁や海藻エキスの一種」として説明しようとする日本人の努力を惜しまなかった。

来月なら日本のユネスコ無形文化遺産登録10周年になります。

今週末には久しぶりにスープを作ってみて、厚く切った大根をスープに入れて煮た味噌を一塊添えた「フロフキ大根」を用意しそうです。

– 朝日新聞、11月25日

* * *

Vox Populi、Vox Deiは、文化、芸術、社会動向、発展など、さまざまなテーマを扱う人気の日刊コラムです。 朝日新聞のベテラン作家が書いたこのコラムは、現代日本とその文化に対する有用な視点と洞察力を提供します。

READ  太陽よりも千万倍明るい神秘的な物体が科学者を慌てます。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours