経済

VOX POPULI:インフレが今後数年間私たちと一緒になる世界に住む

国連は先週世界人口展望を3年ぶりに修正した。

興味深い事実の1つは、現在世界最大の中国人口が今年減少し始めるということです。

また、世界人口増加率が1950年以来初めて1%未満に落ちたという点も注目する価値があります。

世界人口の減少や鈍化は、世界経済にどのような影響を与えますか? 2020年に出版され、今年日本語に翻訳された本を通じてインサイトを得ようとしました。

London School of Economicsの銀行および金融名誉教授であるCharles Goodhartが共同執筆したこの報告書のタイトルは、「The Great Demographic Reversal: Aging Societies, Waning Inequality, and Inflation Revival」です。

簡単に言えば、Goodhartは、過去30年間で商品価格を低く保っていた要因が消えてしまうため、世界が長年にわたりインフレを経験することになると主張しています。

Goodhartによると、これらの要因は、世界経済に豊富な労働力を供給することを可能にしたグローバル化、主に中国に由来し、これは生産を促進し、商品やサービスの可用性を高め、価格を下げます。

豊富な労働力のおかげで、世界中の企業は賃金の上昇を抑えることができ、インフレを抑えるのに役立ちました。

Goodhartは、これらの要因が主に日本の長年にわたりデフレの原因となっていると指摘しています。

しかし、彼は今後数年以内に、世界的な労働力不足でインフレが長期化する時代が開かれると予測しています。

コロナ19ファンデミック(世界的な大流行)による需要の増加とウクライナ戦争によるエネルギー価格の高騰により、インフレ傾向はすでに世界中で現れています。

現在のインフレ上昇で一時的な休憩を取ってもストライキを待っている「メインインフレ」に備えなければなりませんか?

Goodhartの大胆な理論は、多くの反対論文を呼び起こしたに違いありません。 しかし、彼の予測が正しければ、世界中の国々が戦わなければならないインフレとの戦争は、実際に来るべきことに対する「リハーサル」です。

–旭新聞、7月23日付

* * *

Vox Populi、Vox Deiは、文化、芸術、社会動向、発展など、さまざまなテーマを扱う人気の日刊コラムです。 ベテラン朝日新聞作家が執筆したコラムは、現代日本とその文化について有用な視点と洞察を提供します。

READ  NadeshotはApex LegendsツイートにTSMに沿って、日本に進出した100 Thievesのヒント

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close