エンターテインメント

VOX POPULI:ロシアが侵攻を続けると、「Persona non grata」のリストが増えました

俳優の唐沢市秋木がソ連が彼を「立ち上がらない人」というラテン語で「ペルソナノングラタ」と宣言すると、モスクワ駐在日本大使館に配分される夢が散産が壊れた若い外交官を演じる。

2015年、日本映画の主人公は実際の日本外交官杉原チウネ(1900-1986)で、代わりにリトアニアに日本総領事館設立を支援するために派遣された。

彼が貪欲なモスクワの役職を受けた場合、彼は「生命ビザ」として知られるようになったことを発行することによって、第二次世界大戦中のナチスの迫害から何千人ものヨーロッパのユダヤ人を救うことができなかったでしょう。

ちなみに、映画の英語のタイトルは「Persona Non Grata」です。

この用語は長い歴史を持っています。

中世ヨーロッパでは、教会の目に性格を受けることができる人を「ペルソナグラタ(persona grata)」と呼びました。

19世紀に、PNG(persona non grata)という用語は、外交または国際問題の文脈で「受け入れられない」と見なされる人を指すために使用されました。

外国の外交官PNGを宣言することによって、国は理由を提供せずに入国を禁止したり、追放を命じることができます。

4月20日、ロシア外交官8人などは急いで日本を去った。 彼らはロシアのウクライナ侵攻に対応して日本の外務省がPNGを宣言した。

ニュース報道では、小さな女の子は人形を抱き、外交官のためにバスに乗った。 胸をときめかせる音楽を聴き、バスは空港に向かった。

外交では、いわゆる「ほっそり」の交換が一般的です。 例えば、冷戦期間中、ソ連政府はモスクワに駐留する外交官の移動半径を40kmに制限した。

日本政府は東京に駐在したソ連外交官に同じ制限を適用すると報じたが、人気のある観光地である日光と箱根は例外とした。

ロシアとヨーロッパ諸国の間で相互外交官の追放が続いている。

ロシアが当初ウクライナを侵攻しなかった場合、異例の外交官追放は起こらなかっただろう。

– 朝日新聞4月21日付

* * *

Vox Populi、Vox Deiは、文化、芸術、社会動向、発展など、さまざまなテーマを扱う人気の日刊コラムです。 ベテラン朝日新聞作家が執筆したコラムは、現代日本とその文化に役立つ見解と洞察を提供します。

READ  水曜日ブリーフィング - The New York Times

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close