トップニュース

VOX POPULI:古代中国から日本への贈り物は結局ラッシュでしたか?

日本の学生が歴史教科書で学ぶ国宝であるナ王の金人は1世紀にさかのぼります。

当時の技術でこの印章を再現する試みが成功したというニュースを聞いて、福岡県立福岡高校でその結果を見に行きました。

小さいが驚くほど重く、ハンドルが私の指先に予想外に柔らかかった。

もともと引張は後韓の光武帝が和国から派遣された外交使節に授与されたと推定される。

江戸時代末期(1603-1867) 福岡県の鹿島島で発見された遺物。 それが発見された状況が不確実であるため、一部の専門家はその真偽を疑っています。

再現は宮田洋平(62)、福岡師範大学技術芸術教授が率いる考古学者とエンジニアで構成された九州ジュキン・ケンキュカイ(九州金属鋳造研究グループ)が製作しました。

4年前から、チームはローストワックスプロセスを含む古代の技術を実験し続けました。 失敗するたびに金塊を再び溶かして精度を上げました。

金属鋳造アーティストである清志 Endo(72歳)は「シールの取っ手と顔の完成度がどれほど違うのか見て驚きました」と話しました。

顔は、1つの王朝がワナラナ王に封印をしたことを意味する5つの漢字で非常に精密に刻まれています。

しかし、ねじれた蛇状のハンドルはほとんど洗練されていません。

遠藤は、日本が中国の北側にあると誤って考えた印章メーカーがまずラクダの形を使用し、日本が中国の南側にあることを知った後、それをヘビに改造したという理論を聞いて理解しました。

ハンドルに付いている脂肪質のヘビを詳細に調査し、その生き物が最初にラクダのためであることを思い出したとき、その言葉は完全に理解され始めました。 ヘビのスケールは急いで彫刻されたように見えました。

私は印章メーカーが自分を呪う音を聞くことをほとんど想像することができました。 日本は北方国家ではない」

2,000年前の超強大国にとって、これはただ無害な小さな外交的間違いだったでしょう。 そして、首都洛陽まで旅に出た日本使節に関しては、皇帝が授与した金人が急な仕事の結果だとは想像もできなかっただろうと確信しています。

– 朝日新聞、7月30日付

* * *

Vox Populi、Vox Deiは、文化、芸術、社会動向、発展など、さまざまなテーマを扱う人気の日刊コラムです。 ベテラン朝日新聞作家が執筆したコラムは、現代日本とその文化について有用な視点と洞察を提供します。

READ  企業が人権問題に取り組むことを願う日本首相顧問

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close