エンターテインメント

VOX POPULI:死後1,250年の献身を呼び起こす「盗賊」司祭

奈良時代(710-784)に住んでいた僧侶東京は、日本史上最悪の悪役の一人とされていました。

今年は彼の西暦1,250周年となる年だ。

Dokyo wo Mamoru Kai(Dokyoを防御するグループ)というグループからメールでニュースレターを受け取ったとき、私は好奇心があり、グループのリーダーであるYoshichika Hondaに会うことにしました。

宮城県大崎で教師として働いている76歳の本田(ホンダ)は「このすべては、正当な怒りで東京が歴史上最も邪悪な悪役でなぜそんなに無慈悲に描かれなければならないのか気になった時に始まりました」と話しました。 。

「初めには挑戦精神に感動したが、ずっと掘り下げてみると完全に魅了されました。」

彼は全国を旅し始め、ゴーケン皇后(正徳ともいう)とこだわりながら天皇の地位を狙ったと主張される「邪悪な司祭」に関連する場所を訪問し始めました。

ホンダ一行は東京を個人的に不敬の筆写本を製作し、薬草の性質を研究し、寺院の建立に貢献した学識的で有徳な僧侶として称賛します。

しかし、Dokyoの名声は、彼が権力から没落した後、泥の湯に包まれました。

中世以来、ホンダは嘆き、彼は主に野心的で野望のある野望家として知られるようになりました。

ホンダの推薦で坂口安古(1906~1955)の小説「東京」を読んで俳優市川ライゾ(1931~1969)が東京を演じた1963年の映画「要素」を見た。

この作品では、司祭は野望のない人や高い願望を持つ改革者として描かれました。

大衆が知っているものとは全く違うこれらのイメージは見るだけでも新鮮に感じられた。

しかし、有名な小説家や映画俳優でさえ、東京に対する社会の否定的な視線を覆すことはできなかった。

したがって、ホンダグループのメンバーが多くの困難に直面したのは驚くべきことではありません。

主な出版社はDokyoに関連するよく整理された原稿を受け入れません。 定理の精神として、彼らの家族は厳しい集められた研究資料を捨てるように依頼し続けます。

それで4月7日に国の東京と栃木県下塚で祭祀を行ったというニュースを聞いて驚きました。

死後1,250年が過ぎても、信心を呼び起こすことができるこの司祭に初めて深い尊敬心を感じた。

– 4月18日付朝日新聞

* * *
Vox Populi、Vox Deiは、文化、芸術、社会動向、発展など、さまざまなテーマを扱う人気の日刊コラムです。 ベテラン朝日新聞作家が執筆したコラムは、現代日本とその文化に役立つ見解と洞察を提供します。

READ  ドラゴンボールスーパー:スーパーヒーローの悪役の詳細が新しいクリップに公開 - IGN Fix:Entertainment

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close