経済

watchOS 7.2配布開始します。今回も、日本での心電図のアプリケーション対応は保留 – Engadget日本版

アップルは15日、watchOS 7.2の配信を開始しました。11月初めにwatchOS 7.1配信された後、約40日ぶりに更新されます。

watchOS 7.2はiPhoneのWatchアプリを無料でダウンロードすることができます。 新しいソフトウェアをインストールするためには、まずiPhoneを最新バージョンのiOS(記事執筆時点では、iOS 14.3)に更新する必要があります。 そしてApple Watchが50%以上充電されていることを確認して、範囲に合わせてiPhoneの近くに配置します。

Apple Watch Series 6(Amazon)

最新のアップデートでは、まず動画のストリーミングに合わせて運動することができ新しいサービス「Apple Fitness + “に対応。 ユーザーがインストールされてApple Watchと運動の動画を見ている装置(iPhone / iPad / Apple TV)を接続して、心拍数と燃焼カロリーを確認しながら運動することができる構造です。

Apple Fitness +は、米国と英国、オーストラリアなど6カ国でサービスを開始されているが、まだ日本ではありません。 そのような場合国内資料(下記参照)に記載されていないのが通例であるが、なぜか記載されています。

第二に、心肺機能レベルが低下するときに通知するオプションが追加されました。 watchOS 7で推定されるように心肺機能(VO2max)を指標として「低い」場合Apple Watch通知を受け取るようになった形態であり、詳細については、ここを参照してください

また、新たに台湾でApple Watch Series 4以上心電図のアプリケーションを使用できるようになりました。このアプリケーションは、各地域での政府の承認が必要であるため、または順次展開されていますが、日本でも今年9月に医療機器の認証を取得したです。 今回も国内での提供が保留された形ですが、今どのような動きを期待したいところです。

watchOS 7.2の公式リリースノートは、次のとおりです。

watchOS 7.2はパーソナライズされたフィットネス体験がApple Watchで提供されているApple Fitness +などの新機能およびその他の改善点が含まれます。 心肺機能レベルの低下を知らせる機能が追加され、点字ディスプレイをサポートしました。 このアップデートには、パフォーマンスの改善も含まれます。

Apple Fitness +

  • iPhone、iPad、Apple TVで使用可能なスタジオスタイルのワークアウトとApple Watchを組み合わせた新しいフィットネス体験

  • 人気上位10種類の運動タイプのビデオ運動を毎週追加:高強度インターバルトレーニング、室内自転車、ヨガ、コア筋力、ダンス、調整、ランニングマシンでウォーキング、ランニングマシンでランニング、いつもクールダウン

  • Fitness +サブスクリプションは、オーストラリア、カナダ、アイルランド、ニュージーランド、イギリス、アメリカで利用することができ

このアップデートには、次のような機能と機能強化も含まれています:

  • 心肺機能レベルが低下したときに通知オプション

  • iPhoneの「健康」Appで年齢と性別に応じて心肺機能レベルを確認可能

  • 「心電図」Appを使用することができ、ほとんどの地域で心拍数が100 BPMを超えると心房細動を分類

  • 台湾でApple Watch Series 4以上 “心電図” Appに対応

  • VoiceOverが点字ディスプレイをサポート

  • バーレーン、カナダ、ノルウェー、スペインで家族共有の設定に対応(Apple Watch Series 4以上とApple Watch SEのCellularモデル)

Appleソフトウェアアップデートのセキュリティコンテンツについては次のWebサイトをご覧ください:

https://support.apple.com/HT201222

READ  「無料」は永遠にないですか? 「Googleフォト」が無制限の保存を終了することを意味| WIRED.jp

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close