エンターテインメント

WEB特集ジョン・レノンのない世界で| NHKニュース

「私先見の明と考えるかもしれない/でも私は一人ではなく、ハズ/いつか君も仲間に参加/世界は必ず一つになるだろう」

今、世界中で歌っ続くジョン・レノン「イマジン」の一節です。 1980年12月8日。 ジョン・レノンは、家の前で凶弾に倒れ、40歳でこの世を去りました。 そして40年。 「愛と平和」を叫んで社会の火に抗っジョンの歌は無慈悲なテロ行為に傷人々の間でブンダンガ進む社会でコロナ災害に孤立、世界の片隅で繰り返し歌っ続いています。 ジョンが生きている時間などの歳月が過ぎた40年後の社会でその歌はどのような影響を与えているのでしょうか? 息子ショーン・レノンさん、そしてジョン・レノンを「原点」と言った音楽家の小林武史氏のインタビューを交えて紹介します。
※一部敬称略
(科学文化部記者河合哲朗米国総局の記者・タカ利文)

死後40年にジョンの追悼は今

東京港区で開催されたジョン・レノンとオノ・ヨーコの展覧会。 2人の足跡をたどり、「愛と平和」のメッセージに触れようと世代以上の多くのファンが訪れています。

期日に該当する12月8日に会場に用意された献花台には色とりどりの花束でいっぱいだった。 来場者のメッセージ本は、このような言葉が書かれています。

「今生きている場合は、いくつかの曲を作ってくれたのでしょうか?」

献花した女性
「40年ものかとも思いますが、メッセージは一つ変わりません。今、「WAR IS OVER」と言う世の中にはされていないし、「イマジン」で披露した願いを満たしていません。いつか、それを行わジョンとヨーコさんと喜びを分けることができる日が来ることを願って “

2人住んでいたアメリカのニューヨークでは、毎年期日になると生前のジョンが、家族と散歩を楽しんでいたセントラルパークの一角」ストロベリーフィールズ」にファンたちが集まって、ほぼ一日中、ジョン残した音楽を歌う姿を見ることができます。

コロナ災害に見舞われた今年は、オンラインで多くの追悼行事が企画されたゾーンの歌を披露し、お互いのイベントとニューヨークのゆかりの地を紹介するオンラインツアーなどが行われました。

ジョン・レノンのメッセージは、なぜ今でも、多くの人をひきつけるのでしょうか。

栄光と決別し「愛」を信じて

「ビートルズも信じない/私は自分だけを信じ/陽子と私/は現実だ “
ビートルズ解散後、最初にゾーンが発表したソロアルバム「ジョンの魂」(1970年)に盛り込まれた「ゴッド(神)」の一節です。

過去と決別信念を持って行動しようというジョンの決意が示されています。

音楽プロデューサー小林武史氏は、小学校5年生の時、初めて小遣いを集めて購入した記録がアルバムだったそうです。

ビートルズ時のイメージから脱皮して、子供の頃から心の傷やスターとして抱えている孤独など内面を露出さその音楽性に大きな衝撃を受けました。

小林武史氏
「同時に購入したビートルズの最後のアルバム「レット・イット・ビーは、特にポール・マッカートニーによる愛らしいポップチューンがありましたが、「ジョンの魂」の方は、精神的な感じ」怖い」という感じさえあるし、メインストリームに「代替」という言葉ているが、まさに「オルタナティブ」何かをゾーンで感じたと思います」

過去の栄光に期待ということしまったジョン信じは妻のアバンギャルドオノ・ヨーコの存在でした。

1969年に結婚した二人は、お互いの芸術を尊重しながら、常に行動を共にして、音楽も一緒に作成しました。 一方、二人の「一心同体」の行動は、周囲と、これまでのファンからも非難を浴びることもあった息子ショーン・レノン氏は言います。

ショーン・レノンさん
「人種が他のカップルが赤ちゃんを産むのは、当時はまだ議論があり、有名なスターの父が巨大なポップの成功を置いてまでアバンギャルドに愛を何とはとても過激であるとされてい “

ショーンは、多くの障壁を克服した二人の歩みは、時代を超えて意味を持っていることも考えています。

「周りに母が父を政治に引き込んだではないかなどといぶかりましたが、二人だけのような気下いました。最も重要なことは、二人が同化とシェイクスピア劇のように、通常の関係を超越した形で、お互いを心から愛したのだと思います。父は「ジョンとヨーコ」が言った言葉だたい “1人”の存在で捉えましたした。 人種も性別も全て超えるものです。 彼らに会った60年代に比べて、今は男女不平等と人種差別が許可されないと考えても大きく発展したが、様々な違いを克服した「ジョンとヨーコ」の話は今も重要になっていると思います」

ジョンが生んだ「平和の共振 “

この時代には、ジョン・レノンが世界に発信しているのが、平和のメッセージです。

「平和を私たちに」や「イマジン」、「ハッピークリスマス(戦争は終わった)」などの曲は、ベトナム戦争の激化という時代背景の中で生まれた歌だが、時代が変わった現在でも平和を望む世界中の人々の主題歌れています。

こんな歌ゾーンが込められたメッセージは、「あなたはどのように?」と聴衆に聞いてみるのがたくさんあります。 「イマジン」は「想像してください」と重ねて言わ聞く人、自分に平和のイメージを描くことを促します。

「ハッピークリスマス」で叫ぶ「戦争は終わる(War is over)」という願いは、「あなたがそれをしたい場合は(if you want it)」という言葉で自らつかん取ることを実現します。

小林武史氏は、これらのメッセージの配信方法に人間の可能性を信じようとする姿があるとします。

小林武史氏
「ジョンは、人間は変わることができるという「道」と「光」のようなことを信じていたと思うし、一方でそれは一人一人が変わっていくことでしか生まれないと考えた感じ」それぞれ可能なものである」「道を選択ドアを開いていく」ということを抑え込むのではなく、個々の変化を勧めるように「共振」と伝える方法をしたでしょうか」

40年後の世界に響くジョンの歌

ジョンのメッセージは、40年後、私たちにも「共鳴」を生み出しています。

米国の大統領選挙直後の1つの動画がジョン・レノンの公式ツイッターに導入された。 ニューヨーク・マンハッタンの中心部にあるワシントンスクエアパークで、多くの人が「イマジン」を呼ぶ動画です。 歌詞の最後の1節「世界は必ず一つになるだろう」という言葉が響くと、周辺一帯で大きな歓声と拍手が湧き上がりました。

このとき、人々リングの中心でピアノを演奏していたアンドリューカリンさん(36)。

ストリートミュージシャンに毎週ここでピアノを演奏していたカリンさんは次第に周囲から1人、2人との声が加わり、気づくと大合唱になっていたそうです。

「イマジン」を演奏した理由についてカリン氏はこう言う。

「多くの人がバイデン氏が勝利したことよりも、トランプ大統領を打ち負かしたことを喜んでいるように感じました。それは悲しいことであり、結果に不満を抱いた人々に苦痛を与えることもあります。これにより、右と左に分断された社会の溝が深まるばかりです。一人一人になろう、その考えを伝えようとしたんです」

米国では、社会の分断が深まり、意見が他の人が会話するのも難しくなっていることが知られています。 カリンさんは考えが似ている人同士で集まる気分が良くなって、他の人を理解しようと思っていない人が増えていると感じています。

「これからアメリカの社会はどのようになると思いますか?」
記者の質問にカリンさんは少し照れくさそうにしながら「イマジン」の歌詞を引用して述べた。

カリンさん
「先見の明も言うかもしれないが、いつか私たちは一つになることができると信じています。私ができることは、音楽を通して人々にメッセージを送ること。これからもずっとジョン・レノンの曲を演奏して続けているし、 “

ジョンのない世界で

ジョン・レノンが「原点」という小林武氏。

現代を代表するヒットメーカーであるのに対し、長い間、環境問題への意識を高める活動にも努めていますが、ここでジョン姿勢で学んだことがあると打ち明けました。

小林武史氏
「ジョン・レノンがなかったら、私はおそらく、このようなことはしていなかったと思います。平和の大切さも考えて分断をなくしていく必要も本当に感じており、自らの自治していく未来の姿も周りに馬鹿じゃないと思われるかもしれないが、自分がしなければなら行為にしていきたいと思います。やはり、ジョンは、社会が当たり前であることをどこかに当然だと思っていなかっただろうと思っています。これらのカウンタな姿勢を大切にしなければならないという意味では、今も強く思って、これから内で消えるわけではない。 “

時代を超えても、古いないジョン・レノンが残したメッセージ。

今の時代なら、ジョンはどんなことを訴えでしょうか?

息子ショーン・レノン氏は、今再び、父が残した「イマジン」のメッセージを受け取ってもらうと思います。

ショーン・レノンさん
「父はいつも少しでもよくなろうと変化して人なので、今の時代を見て以前とは別のことを考えたと思います。世界は非常に複雑で悪くなってしまったこともあればうまくいったこともあります。」イマジン」は、そのような人類の可能性を信じてくれる曲です。 私たちができることは限られていると思いがちですが、まだよくしていくことができるとすること大きく夢見ることが重要であることを常に思い出させてくれます。 世界には多くの困難がありますが、肯定的なものも起こっていることを忘れてはいけません。 父の音楽とメッセージを世界に残していくことは私にとって重要なことです。 音楽が好きとか、自分の父親のためだけでなく、その平和と真実のメッセージは、今もすべての重要であると考えています」

科学文化部記者
河合哲朗

米国総局記者
タカ利文

READ  UEFAカップとオリンピックの間、この夏はファンのためのものです。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close