スポーツ

WEC第8戦のバーレーン8時間決勝:トヨタ7号車がチャンピオン獲得! TS050 HYBRIDは1-2仕上げで有終の美[F1-Gate.com]

11月14日(土)、バーレーン・インターナショナル・サーキットでFIAの世界耐久選手権(WEC)のシーズン最終戦となる第8戦のバーレーン8時間レースをしてTOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 7号車がポール・トゥ・ウィン。 マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス条TS050 HYBRID 7号車が2019- 2020年のシーズンWECドライバーズチャンピオンを獲得した。 8号車は2位TS050 HYBRIDにラストレースを1-2フィニッシュで仕上げました。

過去2回のルマン24時間で苦悩を味わった7号車が、今回の大会でポールポジションから着実に263周年を走り抜き、最終的に悲願の優勝した。

ディフェンディングチャンピオンのセバスチャン・ブエミと中島の2人と混合ションハートリーが成し遂げた8号車は先頭から64.594秒差で2位に続いてチームに完璧な結果が1-2フィニッシュを担当した。

今回のバーレーン8時間レースは、トヨタが2012年から参加してきた耐久レースの歴史に残るLMP1の時代に幕を下ろすことレースとなった。 この9年(8シーズン)チームは64試合を戦い29勝26ポールポジション24の波ステストラップ、3回のチームとドライバーのダブルタイトルを獲得しました。

この9年間の燃料消費率は、35%の改善ルマンでのラップタイムは10秒更新します。 TS050 HYBRIDでチーム耐久レースの新たな一時代を築いサルトサーキットのコースレコードタイムを記録した。

2016年にデビューしたTS050 HYBRIDは11人のドライバーが34試合を戦いルマン3連覇を含むWEC全19勝16ポールポジション15の波ステストラップを記録した。

今季のWEC最終戦となったバーレーン8時間レースは、両方のTS050 HYBRIDによると、レースの勝利と世界選手権をかけ戦いだったが、7号車は8号車に1株当たり0.54秒成功ハンディキャップを得有利な状況に臨んだ。

コンウェイが開始を担当した7号車は先頭を守って小林ロペスにドライバを置き換えるながら着実にフォローアップを引き離していった。 8号車はエミーが開始を担当してハートリー中島一緒に熱心に追いかけたが、成功ハンディキャップの影響で厳しい戦いになった。

レースが半分を過ぎた頃、二つの違いは、75秒程度で開いていたが、ピットレーン入口チップ除去のために安全自動車が導入され、この差は一気に縮まった。 中島は、エミーが最高7号車に圧力をかけてたが、ロペスコンウェイに取った7号車は再びリードを広げた。

レース残りの2時間の時点で二時間差はまだ予断30秒程度だったが、最後の1時間で、その差は1分に広げ、最終的ドライバを担当した小林が263週を走破上にフィニッシュラインを通過します。 この瞬間、7号車の3人の世界チャンピオンを獲得した。 8号車は中島が2位チェッカーを受け、5ポイント差で2位を占めた。

2019- 2020年シーズンWECは、砂の中で幕を下ろしたが、すでに2021年シーズンに向けた準備は始まった。 チームは、来年3月19日に開催されるセブリング1000マイルレースでデビューに向けて、新しいハイパーカー規定に基づく車両の耐久性テストを数ヶ月に渡って実施する予定である。

村田久武TOYOTA GAZOO Racing WECチーム代表:
マイク、カムは、ホセ・世界チャンピオンおめでとうございます! 耐久レースは、チームの戦いであり、今季、その性能のチャンピオンにふさわしいものであり、彼らのチームの精神でここまで戦って姿勢を誇りに思っています。 また、新型コロナウイルス感染の世界的に自粛制限がある中で、大変な努力でシーズンを多くれたWEC主催者、関係者の皆さん、そしてずっと応援してくれたファンの方々に心よりもっと感謝しています。
LMP1時代とTS050 HYBRIDに最後のレースは非常に感慨深いました。 この8シーズン中、さまざまな思い出が興奮冷めやらぬレースと良いライバル、最高の車を覚えています。 この期間WECの一員として従事することもう一度感謝し、新しいハイパー自動車の時代もファンのみなさんに素敵なレースを表示できるように努力いたしますので、しばらくお待ちください。

TS050 HYBRID 7号車(マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス):
決勝結果:1位、263周年、バス停10番グリッド:1つ目は、ベストラップ:1:42.637

小林可夢偉(7号車):
日本、そしてドイツ・ケルン(TGR-Europe拠点)でサポートしてくれたすべての人々に感謝します。 振り返ってみると、2016年からTS050 HYBRIDの開発のために非常に努力を続けていました。 簡単ではないが、今はこの最高の車と一緒に素敵な思い出です。 チームはルマン3連覇、我々は7号車と世界チャンピオンを獲得しました。 以上の結果は望めないでしょう。 しかし、これは、ドライバのみの記録はありません。 メカニック、エンジニア、このプロジェクトに参加したすべての皆さんのおかげです。 本当にありがとうございます。

マイク・コンウェイ(7号車):
経だったが、素晴らしいシーズンを終え、今日の世界チャンピオンに設定することができ、良い感じですホセ、カム私はチャンピオン獲得のチャンスを与えたチームには本当に感謝しています。 7号車ドライバーと8号車のチームメイトは、シーズンを通していい試合をして、本当に最高です。 これTS050 HYBRIDの最後のレースになるのは少し悲しい、私たちに有終の美を飾ることができたと思います。

ホセ・マリア・ロペス(7号車):
レースで勝ち、世界チャンピオンになるということは、本当に特別な感じです。 ドイツ・ケルン(TGR-Europe拠点)と東富士研究所で数年に渡って最高の車を作って、私たちを支えてくれたすべての従業員に感謝します。 信じられないシーズンだった。 私たちは、目標を達成するために懸命に努力を続けてカムマイクと一緒に、最終的に世界チャンピオンを獲得しました。 私のために二人は兄弟のような存在になりました。 本当に最高の気分です。

TS050 HYBRID 8号車(セバスチャン・ブエミ、中島混合ションハートリー):
決勝結果:2位(上位1:04.594差)、263周年、バス停10番グリッド:2回目、ベストラップ:1:42.833

中島(8号車):
7号車すべてのチャンピオン獲得おめでとうございます。 彼らはシーズンを通して素晴らしい走りを見せてタイトルにふさわしい戦いぶりでした。 私たちもルマンで勝利し、良いシーズンだったが、この最終戦バーレーンは成功ハンディキャップに古典ました。 一時アクセスし面白いレースになることもあったし、良い試合でした。 また、シーズンを通していい仕事をしてくれたメカニックやエンジニアにも感謝します。 今では、ハイパーカー初ドライブするのが楽しみです。

セバスチャン・ブエミ(8号車):
7号車と間違いなしの戦いを戦いしまったチームに祝福を送ります。 私たち8号車は最善を尽くして戦った。 成功ハンディキャップは思ったより難しかったが、レース結果に満足しています。 私たちも完璧なレースを戦いましたが、勝つチャンスはありませんでした。 これ人生です。 勝つこともあり、質があります。 TS050 HYBRIDはもう最後だと感無量彼の最後のラップまで楽しめる走りました。

混合ションハートリー(8号車):
私たちは、8号車に良いレースを戦うと思います。 成功ハンディキャップに基づいて、1週あたりのコンマ5秒以上の差があるのは知っている、それでもすべてを発揮しました。 循環速度は悪くなかったが、成功ハンディキャップを逆にまでは至ってませんでした。 ミスなくレースを戦って7号車を祝福します。 彼らは世界チャンピオンに値することを経験してきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / トヨタ / WEC(FIA世界耐久選手権)

READ  【小倉夏Jレース後のコメント】スプリングボックスの森一馬騎手たち| 競馬ニュース - netkeiba.com

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close