トップニュース

Western Digital、日本のKioxiaと合併議論の中で – ソース

2019年5月27日、日本の東京にある本社にWestern Digital Corporationのロゴが表示されています。 REUTERS / Yoshiyasu Shida

8月25日(ロイター) – ウエスタンデジタル(WDC.O)が日本の半導体会社であるキーオキシアホールディングス(Kioxia Holdings Corp)と200億ドル規模の潜在的な株式併合のための交渉を進めていると、この問題に精通した消息筋が伝えた。

消息筋は、両社が早ければ9月中旬に合意に達することができ、Western DigitalのCEOであるDavid Goeckelerが合併された会社を経営することを明らかにしました。 消息筋は、機密の問題を議論するために、匿名を要求しました。

ウォールストリートジャーナルは、水曜日早く会談を報告した。 このニュースにカリフォルニア州サンノゼに本社を置くWestern Digitalの株式は午後の取引で15%も上昇して214億5000万ドルの時価総額を記録しました。

世界2位のフラッシュメモリチップのメーカーであるKioxia Holdings Corpは、昨年に2020年日本最大の株式公開(IPO)計画を保留しました。 しかし、6月に金融雑誌Diamondは、会社が早ければIPOを計画していると明らかにした。 9月。

消息筋は「KioxiaがWestern Digitalとの取引に失敗した場合IPOがまだ可能である」と付け加えた。

Western DigitalとKioxiaはコメントの要求に即座に応答しなかった。

メモリチップのメーカーは、新しいスマートフォンモデル発売と5G拡張により、需要が堅調なことに気づいた。 5人のプレイヤーが支配するNANDメモリの市場はWestern DigitalとKioxiaの連携が結合される場合、追加の統合を見ることになるでしょう。

協力を通じて両社は、コストを削減し、Samsung Electronics Co Ltd(005930.KS)とのより良い競争をすることができますが、そのような取引は、中国の承認を含む独占禁止法の調査をもたらすことが期待されます。

米国と北京間の貿易紛争の不足圧力により、グローバルチップ産業が合理化され、自動車やノートパソコンメーカー、家電製品やスマートフォンのサプライチェーンの問題を引き起こしています。

以前にToshiba Memoryとして知られたKioxiaは2018年Toshiba Corp(6502.T)が米国私募ファンド会社であるBain Capitalが率いるコンソーシアムに180億ドルで売却された。 2020年の年次報告書によると、東芝はまだキーオキシアの約40.6%を所有している。

バンガロールのEva Mathews、ニューヨークのKrystal Huの報告; Devika SyamnathとStephen Coatesの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  アップデート1-Rugby-Two Top League試合がCOVID-19のために、日本でキャンセルされました。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close