技術

Western Digital CEO、チップ規模の競争でKioxia提携最大限に活用

TOKYO-フラッシュメモリ市場が成長すると予想される状況でWestern Digital CEO David Goeckelerは、米国のチップメーカーが日本のKioxia Holdingsアジアの大きなライバルとの競争力を維持するために重要な長期的パートナーとして見ていると言います。

Goeckelerは水曜日のインタビューでNikkeiとのインタビューで「私たちはKioxiaに多大なパートナーがいると考えており、将来は一緒に行われことを期待します。」と言いました。

“二つの市場の位置をすべて合わせると、私たちは、サムスンよりもわずかに大きい世界最大のサプライヤーです。」と彼は言いました。

CEOの発言は、グローバルチップサプライチェーンで、東アジアの役割に新たな関心を呼び起こした半導体装置の世界的な不足の中で出てきたことです。 ナスダックに登載されたWestern Digitalは、名古屋の南西の巨大四日市だけを含む数十年の間、日本の生産能力に投資しました。

Western Digital CEO David Goeckeler(写真提供:Western Digital)

GoeckelerはWestern Digitalが以前Toshiba MemoryたKioxiaを買収しようとしているメディアの報道について「私たちのM&A戦略のいくつかの噂も推測することができない」とコメントを拒否した。 しかし、彼はパートナーシップが「技術分野で最も成功した合弁会社ではないが、最も成功したことのいずれかならない」と述べた。

彼は「半導体は、拡張された事業(固定費事業)であるため、規模を持つことが非常に重要だ」とKioxiaとチップを開発して生産するときの利点を説明した。

「私たちは、これが私たちに、業界のリーダーとしての地位と業界最高の技術を提供すると信じている。」と彼は言いました。

前Ciscoネットワークとセキュリティ責任者であるGoeckelerはKioxiaの経営陣との緊密な関係を維持しながら、毎週Kioxia CEO Nobuo Hayasakaと会話し、「多大な関係」を共有すると言いました。

Western DigitalとKioxiaは「過去20年の間に数千億ドルの投資を行ってきた私たちが一緒に推進する非常に生産的で非常に肯定的であり、非常に機能的な関係」と言いました。

「私たちは引き続き非常に積極的革新しています。」と彼はまた、言いました。

Goeckelerは「私たちはKioxiaと非常に強力な契約を結んでいます。」と言いました。 「非常に目の細かい契約です。」

Goeckelerによると、Western DigitalとKioxiaは2029年までにYokkaichiでそして2034年までに、日本の北部のKitakami工場での合弁事業を運営する契約を締結しました。

Goeckelerは650億ドル規模のNANDフラッシュメモリ市場の見通しについて楽観的です。 データクラウドとインテリジェント装置の負傷でチップの需要が毎年30%から35%ずつ増加していると彼は言う。

Western Digitalのほか、米国に本社を置くMicron TechnologyはKioxiaの入札を模索していることが知られました。

Goeckelerは先端技術分野では、米国と中国の間での競争が大きくなることについての懸念を表明しました。

「私たちは、世界が私たちのすべてによくないので、複数の技術標準に移らないことください。」と彼は言いました。

彼は「技術の最も速い発展は最大の投資をすることができるときに起こり、最大の投資をする際に最大の市場を持っているときに起こる」と述べた。

READ  新しいポケモンスナップスコア4月発売のスイッチでは、新しい予告編を見る

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close