エンターテインメント

WeWorkの市場への進出のパスが共同創設者兼SoftBank Settle Suitで明らかになりました。

WeWorkの共同創設者であるAdam Neumannと共同作業会社の最大株主であるSoftBankは先週の金曜日SoftBankが崩壊から救助されたか、16ヶ月ぶりにWeWorkが上場することができる道を開いて法的紛争を解決したと発表しました。

WeWorkは、投資家が会社の莫大な損失を報告ガバナンス慣行を批判した後、2019年に株式公開を取り消しました。 もう日本の大企業であるSoftBankはここ数カ月の間に人気を集めている株式市場に参入する特別目的買収会社との取引を通じてWeWorkを上場しようとします。

2019年の構造の一環としてSoftBankはIPOの試行中に会社を去ったノイマン氏と他の株主から30億ドルのWeWork株式を購入することを提案しました。 しかし、コロナウイルスがWeWorkオフィス共有場所を空けるようにSoftBankは昨年に購入を進めていないと言いながらNeumannは、訴訟を提起しました。

ソフトバンクの元の提案によると、ノイマン氏は9億6000万ドルを受けたが、合意に基づいて、彼は4億8000万ドルを受けることになるだろうとします。

WeWorkのシニア会長兼SoftBankのシニアエグゼクティブであるMarcelo Claureは「この訴訟を通じて、私たちは、研修会を再構想して、世界的に増え、柔軟なスペースの需要を継続的に満たすために専念しています。」と言いました。

SoftBankは、元の合意された金額の半分である他の株主から株式を購入するために約10億ドルを費やすことです。 ソフトバンクはまたノイマン氏に5000万ドルを支払うことで、法的費用をカバーすることを合意内容を知っている人は言った。

法的紛争により、各株主がどのように多くWeWorkを所有しているかどうかの不確実性が発生しました。 会社が上場するためには、その疑いを削除する必要がしました。 ソフトバンクは特別目的買収会社のBowX Acquisitionとの合併を議論しているとの合意の知識を持った人が語った。 会談がどのよう発展したのかは明らかではない。

WeWorkはここ数カ月の間に不安定な財務結果のみを発表したため、伝染病がどのように大きな打撃を受けたのかは明らかではない。 多くの顧客がメンバーシップを更新していません。 WeWorkは家主からスペースを借りるし、その領域を使用するために会費を請求します。 コストを節約するために、いくつかのリース契約を再構成しました。

SoftBankはまた、数十億ドルの資金調達にWeWorkをサポートしました。

READ  Amazon JapanによるとApex Legends、2月2日Switchヒット作

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close