WHO、日本政府-イラン(イスラム共和国)が資金を支援する3台のMRI装備提供

Estimated read time 1 min read

2023年6月18日 – 世界保健機関(WHO)は、イランイスラム共和国の医療システムの診断能力の強化を目指し、日本政府が資金を提供するプロジェクトの一環として、最初の3つのMRI機械を導きました。 最先端の1.5テスラMRIスキャナーは、保健医療教育部が指定した病院に設置される予定だ。

今回の事業を通じて計6台のMRI装備が納品される予定だ。 最初の3台の機械は、目標病院であるSemnanのKosar病院、ShahrekordのHajar病院、BamのPasteur病院に到着しました。 インストールプロセスはすぐに開始され、今後数週間で完了します。 Kahnoojの12 Farvardin病院とAndimeshkのImam Ali病院に向かう他の2台の機械が6月21日まで到着する予定です。 6番目の機械は7月7日までに到着し、NeyrizのShohada病院に出荷される予定です。

Hajar病院のDr Neda Seyfiは、「以前はShahrekordに公立病院と個人映像センターにそれぞれ1つずつ、MRIマシンが2台しかありませんでした」と述べました。 「新しい機器を追加すると、Shahrekord住民と近くの村の両方に安価な診断サービスを提供する公共部門の能力が向上します。」

Semnan University of Medical SciencesのDr Kamran Qods総長はこう述べています。 。 日本の国民のおかげで、このマシンを提供することで、地元の人々は安価なMRIサービスを利用できるようになります。

MRIは、治療モニタリングだけでなく、さまざまな状態の検出と診断に広範な臨床応用を提供する非侵襲的なイメージング技術です。 この人道的プロジェクトで提供される機械は、病気を診断するための国家医療システムの容量を増やします。

READ  ヘンリー・スコット・ストークス 83歳で死亡 日本を英語ユーザーに開放
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours